患者さんへ

メニュー

頭頸部腫瘍

頭頸部腫瘍とは

「頭頸部」と呼ばれる領域は、耳・鼻腔・副鼻腔・口腔・咽頭・喉頭・頸部食道・頸部といった広範囲な部位を含み、これらから発生する腫瘍が頭頸部腫瘍になります。

頭頸部領域に腫瘍ができると、以下のような症状が出現します。

声がかれる、のみこみにくい、違和感がある、首が腫れている、口腔内のできものが治らない、鼻や耳から出血を繰り返す、痰に血が混ざり改善しない、呼吸しにくいetc

診療の流れ

一般外来を受診された方の中で、頭頸部腫瘍の疑いのある方が、検査の結果、腫瘍外来に受診されることになります。また他院で頭頸部腫瘍の診断をすでに受けている場合には、当院耳鼻科外来に電話をしていただき、腫瘍外来の予約をとっていただけれるとスムーズに診察することが可能です。

特に、悪性腫瘍が疑われる場合には、病理学的検査(組織診、細胞診)NBI、CT、MRI、FDG-PETCT、胃カメラ検査、採血検査など様々な検査が必要になります。

これらの結果を踏まえて、病期診断、重複癌診断を行い、早急に治療方針を検討することになります。早急な対応が必要であり、なるべく1週間以内に治療方針が決定できるように心がけております。

また、患者さん、ご家族が十分納得できるように誠意を持って対応しております。

対象疾患について

  • 良性腫瘍(正中頸のう胞、側頸のう胞、耳下腺腫瘍、顎下腺腫瘍、甲状腺腫瘍、副咽頭間隙腫瘍、がま腫)
  • 唾液腺癌
  • 外耳道癌鼻・鼻腔・副鼻腔癌
  • 上・中・下咽頭癌
  • 口腔癌
  • 喉頭癌
  • 甲状腺癌

治療方針について

頭頸部領域は、呼吸、発声、嚥下、味覚などの機能と密接な関わりを持っています。
治療に際して、もちろん根治率の高い治療法を勧めることが基本方針ですが、常に治療後の機能温存に留意する必要もあります。 

頭頸部癌の治療には、手術、放射線治療、化学療法(抗癌剤)、の3本の柱があり、これらを組み合わせて治療を行います。

まず、手術治療についてですが、一般に根治性の高い治療法であり、当院では多数の手術を行っています。大学附属病院という特性を生かして、専門性の高い他科の先生方と密に連絡をとり、合併症のある患者さんも他科と連携をとりながら、積極的に治療を行っております。

頭頸部領域の手術では、一般的に切除による欠損が大きい場合に再建術が必要となることがあります。その際、形成外科や消化器外科と協力し合同で手術することも少なくありません。

まだ、当院においては遊離再建術を積極的には行っていない状況ではありますが、遊離再建術が必要な場合には他院と連携を取って責任を持って紹介させていただいております。

(※血管吻合が必要な遊離再建術についてはまだ、積極的には行っておりませんが、有茎皮弁再建術や、発声機能温存のための喉頭部分切除術といった機能温存手術は、当院で現在行っております。)

以下にH25年度の手術内容について列挙させていただきます。

(H25年度手術内容)

  • 舌下腺、顎下腺摘出術
  • 耳下腺浅葉切除術、耳下腺深葉切除術
  • 甲状腺半葉切除術、甲状腺全摘術
  • 正中頸嚢胞摘出術、側頸嚢胞摘出術
  • 副咽頭間隙腫瘍摘出術
  • 舌・口腔部分切除術
  • 喉頭部分切除術、全摘術
  • 上顎全摘術
  • 頸部郭清術
  • 拡大耳下腺摘出術(神経再建)
  • 咽頭喉頭食道摘出術
  • 大胸筋皮弁再建術
  • リンパ節生検術
  • 内視鏡的咽喉頭手術(ELPS)

放射線・化学療法

続いて、放射線治療についてです。
頭頸部癌の多くは、扁平上皮癌であり、比較的放射線がよく効く癌です。

初期の喉頭癌などでは放射線治療を放射線科と連携をとりながら、治療にあたっております。
また、より進行した癌であっても、形態を温存したいという希望がある患者さんや、手術が行えない方について、放射線併用化学療法を選択して治療を行っております。

最後に、化学療法(抗癌剤)についてです。頭頸部癌では他の癌と比べて比較的効果があることもありますが、一般的には化学療法単独治療では根治は困難とされております。
そのため、根治治療として、放射線治療と組み合わせた放射線併用化学療法を積極的に行っております。

また、手術加療が不可能である方や遠隔転移が出現している方に対して、生存期間を延長させる目的で、抗癌剤を行うこともあります。患者さんの合併症や背景などを十分に考慮した上で治療の選択を行っております。
特に、抗上皮成長因子受容体(EGFR)抗体薬であるセツキシマブ(分子標的薬)が近年日本においる頭頸部癌領域において認可されました。

当院では放射線療法とのセツキシマブ併用療法や、他の抗癌剤との併用療法として使用しております。

その他の対象疾患

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大森病院 耳鼻咽喉科

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)