診療科のご案内

メニュー

沿革

東邦大学医療センター大森病院の消化器外科、乳腺内分泌外科、小児外科のグループはそのルーツを同じくしています。
帝国女子医専は、昭和22年6月に、名称から帝国の文字を廃しましたが、さらに「東邦」を冠し、男女共学の医科大学予科を開設したのち、昭和26年3月から学校法人東邦大学となりました。

この年の4月、小平 正教授が就任され、東邦大学医学部の外科学講座は正式にスタートを切りました。一般外科はもとより、肺外科症例を多く手がけていた時代に、脳神経外科を充実させるために粟津三郎助教授を迎え、昭和34年には、小平 正教授を首班とする外科学第1講座と粟津教授を首班とする外科学第2講座が分離しました。

第1講座は、消化器外科を中心に、呼吸器外科、心臓外科の診療を行いました。外科学第2講座は一般消化器外科を中心に脳神経外科にも取り組みました。小平教授が昭和33年の直腸肛門病学会で特別講演をされたときから、現在の大腸肛門病診療を看板の一つとする当講座の基礎が出来上がりました。小平教授退任後、心臓外科の基盤を作った亀谷寿彦教授が第1講座を継ぎ、小児外科グループも構築されましたが、昭和62年に亀谷教授が亡くなり、同年、小松寿教授を首班とする胸部心臓血管外科学教室が分離独立しました。

第2講座からは昭和46年から昭和56年にかけて、鶴見清彦教授を首班とする第3外科学教室、寺尾榮夫教授を首班とする第1脳神経外科学教室、吉井信夫教授を首班とする第2脳神経外科学教室が独立しました。さらに、平成元年には、丸山 優助教授を首班とする形成外科学研究室が分離独立したのち、佐倉病院の開設に伴って、第1講座と第2講座が協力体制をとっていた小児外科の山口宗之教授が佐倉病院に赴任し、佐倉外科が独立しました。

この間、第1講座は、吉雄敏文教授、第2講座は竹内節夫、継 行男両教授に受け継がれ、さらに第1講座は平野敬八郎教授、第2講座は柴 忠明教授へとそれぞれ一般消化器外科を担当する教室として、発展・継承されてきました。

平成14年、大学講座の再編に伴い、外科学第1講座(寺本龍生教授)と外科学第2講座(柴 忠明教授)が再編され、現在の東邦大学医学部外科学講座(大森)一般・消化器外科学分野に至っております。

初代、寺本龍雄教授、2代目 金子弘真教授(現 特任教授)を経て、現在は船橋公彦主任教授のもと、東邦大学医療センター大森病院 消化器センター外科として診療にあたっています。

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大森病院 消化器センター外科

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

【休診日】
第3土曜日、日曜日、祝日
年末年始(12月29日から1月3日)
創立記念日(6月10日)