患者さんへ

メニュー

婦人科がん治療後のリンパ浮腫について

子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなどの手術で、がんの病変とともにリンパ節を摘出した場合、また放射線治療を行った場合、合併症としてリンパ浮腫と呼ばれる下腹部・外陰部・下肢に浮腫(ふしゅ)と呼ばれる「むくみ」が生ずることがあります。リンパ浮腫は手術後(もしくは放射線治療後)早期に発症することもあれば、数年経ってから出現することもあります。

リンパ浮腫はリンパ液の流れが悪くなったことによって、リンパ液が異常に皮下組織にたまり、その結果生じるものです。さらにリンパ浮腫が起こった状態で感染を伴った場合、蜂窩織炎(ほうかしきえん)とよばれる炎症が生ずることがあります。蜂窩織炎が起こると、下肢が赤くなり発熱が生じ、入院治療が必要になることもあります。

リンパ浮腫を予防することは、治療をお受けになった患者さんのQOLを良好に保つため非常に大事なことです。従ってリンパ節摘出術や放射線治療を行った後、浮腫がないうちから、予防のための日常生活でのケアが重要です。蜂窩織炎は、ちょっとした皮膚の傷やケガや感染などが原因となります。そこで、日常生活の注意点として、肌の清潔と保湿が最も大切になります。保湿はノンアルコールの保湿クリームや乳液などを使用します。また、水虫や虫刺され、そこからの感染を起こさないように気をつけましょう。もし蜂窩織炎と思われる症状がある場合は、早めに受診をしてください。

リンパ浮腫に対する治療は「複合的理学療法」と呼ばれる治療であり、リンパドレナージと呼ばれるマッサージ、弾性ストッキングなどを用いた圧迫、そして感染を予防するための肌のケアなどから成っています。そして複合的理学療法をどのように行っていくかは、患者さんのリンパ浮腫の程度によって、その患者さんに合った適切な方法を選んで行います。またわれわれの検討では、リンパ浮腫に対する薬物療法として、漢方薬である五苓散、柴苓湯、牛車腎気丸、が有効な場合があります(Komiyama S, et al. J Obstet Gynaecol Res 2015)。
当院では、婦人科がんの手術でリンパ節を摘出された患者さんを対象に、退院前にパンフレットを用いてリンパ浮腫ケアの説明を行っています。退院後には看護外来において、術後の日常生活の困りごとやリンパ浮腫の観察やケア方法の確認を行っています。リンパ浮腫を認めた場合には、リンパ浮腫ケアの専門的な研修をうけた看護師が患者さんの状態に合わせたケアを提供し、より良いQOLを目指してお手伝いします。

また、当院で治療を行った外来通院中の患者さんを対象に、リンパ浮腫ケア外来での専門的なケアを行っています。現在受診されている診療科の医師にご相談ください。

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大森病院産婦人科
婦人科腫瘍(婦人科がん)分野

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)