患者さんへ

メニュー

化学療法による副作用について

化学療法(抗がん剤治療)では、脱毛、骨髄抑制とよばれる血液毒性(赤血球や白血球や血小板が減ること)、発熱、嘔気嘔吐・食欲低下・便秘・下痢などの消化器症状、手足のしびれや痛みなどの末梢神経障害、アレルギー反応(過敏症)、倦怠感、口内炎、手足症候群(手足の皮膚障害)、腎機能障害などの副作用が生じます。そこで化学療法を円滑に受けることができるように、血液毒性を早く改善する薬(G-CSF製剤)や制吐剤(吐き気を抑える薬)、抗アレルギー剤などを使用して副作用の程度を軽減するように努めます。また腎障害を予防する目的で大量の点滴(補液)を行うことがあります。

分子標的薬にはそれぞれ特異的な副作用があり、血管新生阻害剤であるベバシズマブ(アバスチン)では、高血圧、タンパク尿、血栓塞栓症、穿孔・瘻孔、創傷治癒遅延など、PARP阻害剤であるオラパリブ(リムパーザ)やニラパリブ(ゼジューラ)では血液毒性(好中球減少、貧血、血小板減少)、悪心・嘔気、倦怠感、口内炎、二次性がん(血液疾患)など、免疫チェックポイント阻害剤であるペムブロリズマブ(キイトルーダ)では、自己免疫疾患(甲状腺機能異常、腸炎、1型糖尿病、肝炎等)、間質性肺炎などの発現が報告されていますので、十分な注意が必要です。

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大森病院産婦人科
婦人科腫瘍(婦人科がん)分野

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)