患者、家族、仲間、すべての人たちを感染から守る、それが私たちの使命です。
東邦大学医療センター大森病院 感染管理部 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 感染管理部

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)
内線:3575

主な活動

 

感染症発生時の対応

院内で感染症が発生した際には即時、原因追究を行い、感染の拡大防止に向けた対策を立案し実践しています。

感染対策マニュアルの整備

感染対策マニュアルの整備
最新のエビデンス、各種ガイドラインに基づいた感染予防対策マニュアルを策定し、新しい知見を取り入れ適宜改定を行っています。

院内感染発生状況のサーベイランス

手術部位感染(SSI)、中心ライン関連血流感染(CLABSI)、人口呼吸器関連イベント(VAE)、耐性菌などのサーベイランスを実施しています。また、厚生労働省院内感染対策サーベイランス(JANIS)へ参加しています。

感染に関する教育・研修の計画と実施

感染に関する教育・研修の計画と実施
全職員を対象として院内感染対策に関する研修を年2回開催することに加え、研修医、看護師、コメディカル、委託業者など多職種を対象に、より現場に即した内容での研修を年に数回開催しています。

院内ラウンド

医師、看護師、検査技師、薬剤師、事務員、委託業者などを含めた多職種によるラウンドを行っています。病棟・外来・中央施設部門には環境および手指衛生遵守状況のラウンドを定期的に行っています。さらに耐性菌検出状況に合わせたラウンド、血流感染対策に関するラウンドも行っています。
院内ラウンド

感染に関するコンサルテーション

各種耐性菌、難治感染症、輸入感染症、エイズ・性感染症、ワクチンなど、感染症全般の感染対策や治療についてコンサルテーションを行っています。

抗菌薬使用状況の把握と適正使用の推進

抗MRSA薬及び広域抗菌薬等の使用に際して届出制とし、投与量、投与期間の把握を行い、臨床上問題となると判断した場合には投与方法の適正化を図っています。

職業感染対策

針刺し切創・皮膚粘膜曝露予防のための取り組みを行うとともに、職員健康管理室と連携して職員に対する流行性ウイルス疾患、B型肝炎ウイルスの抗体価把握とワクチン接種、インフルエンザウイルスのワクチン接種を実施しています。

地域連携

地域連携
私立医科大学感染対策協議会の大学病院と年1回相互に赴きラウンドを実施し、感染対策の強化、創意工夫を学び、自施設の発展・改善を図っています。
地域の医療機関と合同カンファレンス、相互のラウンドを行うとともに、適宜、感染対策や感染症治療に関する相談を受けています。
また、「微生物・感染症地域連携症例検討会」を開催し、感染症診療・感染対策についてディスカッションを行っています。
このような活動を通じて地域における包括した感染対策を目指しています。

ファシリティ・マネジメント(施設管理)

清掃、リネン洗濯、空調など感染対策に関わる院内設備・環境の改善立案を行い、感染予防対策に努めています。