ホーム > 特定看護師について > 大森病院の特定看護師について

大森病院の特定看護師について

大森病院の特定看護師の活動

大森病院では、3名の特定看護師が誕生しました。取得したのは、3人共、術中麻酔管理領域パッケージです。各領域の医療チームの中で、よりタイムリーかつ、適切で迅速な医療が提供できるように活動します。また、地域の中核病院として、さらなる高度急性期医療、地域医療の推進のために、特定看護師の活動の役割モデルとなるように活動します。

術中麻酔管理領域パッケージ

特定行為区分の名称6区分特定行為8行為
呼吸器(気道確保に係るもの)関連経口用気管チューブ又は経鼻用気管チューブの位置の調整
呼吸器(人工呼吸療法に係るもの)関連侵襲的陽圧換気の設定の変更
人工呼吸器からの離脱
動脈血液ガス分析関連直接動脈穿刺法による採血
橈骨動脈ラインの確保
栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連脱水症状に対する輸液による補正
術後疼痛管理関連硬膜外カテーテルによる鎮痛剤の投与及び投与量の調整
循環動態に係る薬剤投与関連持続点滴中の糖質又は電解質輸液の投与量の調整

大森病院の特定看護師

山田亨(主任看護師、急性・重症患者看護専門看護師) 所属:看護管理室

私は、救命救急センターおよび集中治療室での勤務の経験があり、また、院内の人工呼吸が必要な患者さんのケアや、呼吸に問題のある患者さんのケアを支援する呼吸ケアサポートチームに所属しています。研修で学んだことを活かし、今後は、今までの活動に加え、手術前、手術中、手術後といった周麻酔期の継続的なケアを実践し、麻酔を受ける患者さんの不安や疼痛緩和、合併症予防に周術期チームの一員として努めてまいります。また、院内における鎮静を必要とする処置がより安全に行われるように、麻酔科医師と連携し、看護師の実践を支援していきたいと考えております。そして、さらなる大森病院の医療・看護の質向上に努めていきたいと思います。

座間順一(主任看護師、集中ケア認定看護師) 所属:特定集中治療室

現在、私は集中治療室で勤務し、主に大手術後や重篤な疾病などにより集中治療を要する患者さんに対して看護実践をしています。昨今の高齢化から、集中治療室でも慢性疾患や重複疾患を抱えた患者さんの入室が増えています。このような患者さんに対して、より早期に適切なタイミングでの医療、看護を提供することが重要であると考えています。今回の研修での学びを活かし、集中治療室での人工呼吸器離脱や疼痛緩和などを中心に支援を行い、患者さんの重篤化回避と早期回復を促進できるよう努めてまいります。また、これまで以上に多職種との連携を強化し、院内で円滑な特定行為の実践ができるよう努めていきたいと思います。

米山五月(周術期管理チーム認定看護師) 所属:手術室

私は手術室看護師16年の実務経験があります。整形外科、消化器外科、心臓血管外科など数多くの診療科手術の経験や術前外来、術後訪問の周術期一連の看護を通じて、手術を受ける患者さんやその家族に寄り添ってきました。手術に麻酔は必要不可欠であり、その状況下にいる患者さんの状態を見極め、手術侵襲を理解することは、術中麻酔には重要になります。特定行為研修で学んだことを活かし、より質の高い医療を提供できるよう努力してまいります。麻酔に携わる時も、看護の視点を忘れず、手術に関わるスタッフと共に、患者さんやその家族のニーズに応えていきたいと思います。