検査を通して患者さんのクオリティ・オブ・ライフの向上に貢献する臨床検査部
 
コラム ~検査にまつわるお話です~
基準範囲一覧
東邦大学医療センター大森病院 臨床検査部 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 臨床検査部

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

本当はこわいカビ

カビ(真菌)と聞くと、どんなものをイメージしますか?
パンに生えてくる青カビ?お風呂場の目地に生えてくる黒カビ?
色々な場所や物をイメージするかと思いますが、私たちの体の中にもカビが生える事があるということ、ご存知でしょうか。
代表的なものに「カンジダ」があります。「カンジダ」は培養すると酒饅頭のような甘~い香りがするのが特徴で、染色液で染めるとコロコロとした青く染まる丸い形をしています(写真)。健康な人の口の中や皮膚にも常在菌として存在しており、普段は特別悪さをするようなものではありませんが、まれに肺など体内の深部で感染し、その恐ろしい牙を剥くケースがあります。こうした病気を深在性真菌症といい、がんの治療などで免疫力が低下している患者さんに多く見られます※1。体内の深部で感染した「カンジダ」が血中に流入して感染を起こした状態を「カンジダ血症」と呼び、その死亡率は34~57%※2,3と高く、とてもこわい病気です。
「カンジダ血症」では早期に治療を開始することが予後改善に不可欠なため、血液中に「カンジダ」が発育した後、24時間以内に抗真菌薬を投与する事が推奨されています※4。微生物検査では、採血した血液中の「カンジダ」をまず増やしてから検査を進めていくのが通常ですが、発育速度が遅いため1~3日程度(種類によっては1週間~)の時間を要してしまいます。
そこで「カンジダ」のようなカビが生えてくるより前に早く深在性真菌症を推定する検査として、カビの細胞壁の構成成分である「β-D-グルカン」を測定する検査があります。対象患者さんから採血した血液を使用して測定しますが、開始からおよそ90分で結果が出ます。培養検査など他の検査に比べ、血液中のカビの存在をより迅速に推定することが出来、素早く治療を開始する手助けになります。当院検査部でもβ-D-グルカン検査を実施しており、診療支援に貢献しています。
たかがカビ、されどカビ。なかなか侮れないものです。

微生物検査室 米谷三奈

[参考文献]
  • ※1 沖中 敬二, がん患者におけるカンジダ血症, Med. Mycol. J. Vol57J. J 117-J 123, 2016
  • ※2 Fraser VJ, Jones M, Dunkel J, et al. Candidemia in a tertiary care hospital: epidemiology, risk factors, and predictors of mortality. 1992;15(3):414.
  • ※3 Nguyen MH, Peacock JE Jr, Tanner DC, et al. Therapeutic approaches in patients with candidemia. Evaluation in a multicenter, prospective, observational study. Arch Intern Med. 1995;155(22):2429.
  • ※4 カンジダ症治療の 実践的臨床ガイドライン: 米国感染症学会による 2009年改訂版
写真はカンジダの1種 Candida albicans グラム染色(×1000)