スタッフ日記

最新記事

カテゴリー別

投稿者別

ブログトップへ

❁着付け教室❁

投稿日:2016年09月24日00時00分|投稿者:スタッフ|カテゴリー:未設定


イルボスコでは毎月1回、
着付け教室 を行っています。
講師は呉服屋さんの花山先生、いつも優しい笑顔でわかりやすく教えてくれます。


日頃の練習の成果を発揮して
先月の夏祭りでは
全員浴衣姿 で参加、
浴衣で踊る
盆踊り
はとてもム~ディ~でした♪♪

涼しくなってきたのでそろそろ浴衣のシーズンも終わり。
名残惜しいですが、冬に浴衣は寒いので来春まで着付け教室はお休みです。

今回の教室は今シーズンこれまで練習してきた着付けの
おさらい
そしていつものお作法に加えて、
今回は特別に和服についてのあれこれも紹介していただきました。
「模様にも意味があるなんて!」
「家紋?うちにもあるの?帰ったらきいてみる!」
「時代劇のお代官様が着てるのは?」
次々に質問、みんな
日本の文化 に興味深々です。

和服男子も和服女子も、
和の文化を知っているってとても
粋★イキ★ですね~ (^_-)-☆
記:田中

手は浴衣の合わせと同じく左が上で
自分で「貝の口」(帯結び)できま~す!
結婚式やお葬式、お正月、成人式など、色々な所で着物姿の方を見ますね
美しく結べるよう何度も自主練!
女子は「おはしょり」がちょっと難しいです~
背筋がピッと伸びます!
かわいく結べました♡
車に乗る時はシートに座ってから足の向きを換えます
「先生のそれはなあに?」
「帯締めですよ、では結んでみましょう!」
お洒落度がグッと上がります~
こんな結び方も!
帯結びも色々アレンジ
こんな遊び心も
男子は動きやすいこの姿もOK☆
飛脚のようです~
東邦大学医学部精神神経医学講座
〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1 TEL:03-3762-4151
COPYRIGHT 2008 IL BOSCO ALL RIGHTS RESERVED.
本サイトは、厚生労働省・平成19年度障害者保健福祉推進事業「精神障害者の早期発見、早期治療のための地域生活支援体制のあり方に関する調査及び機能分化したリハビリ施設の試行的事業」(東邦大学)の補助金により作製されました。