認知機能障害

認知機能障害


日常生活における障害と認知機能障害

Greenら(1996, 2000)により認知機能障害が社会的転帰と強く関連することが明らかになってからというもの、治療のターゲットとして認知機能障害の重要性が認められつつあります。
認知機能障害は「何かをしようとしても気が散ってしまい集中が困難になる」、「授業で配布された資料の内容を覚えようとするものの記憶が悪い」、「言われた言葉を忘れてしまう」、「いくつかのことを同時に行うとき作業を効率よく進められない」など様々な形で日常生活の中で認められます。言い換えると、日常生活における障害(生活のしづらさ)と認知機能障害は密接に関連していると言えます。

東邦大学医学部精神神経医学講座
〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1 TEL:03-3762-4151
COPYRIGHT 2008 IL BOSCO ALL RIGHTS RESERVED.
本サイトは、厚生労働省・平成19年度障害者保健福祉推進事業「精神障害者の早期発見、早期治療のための地域生活支援体制のあり方に関する調査及び機能分化したリハビリ施設の試行的事業」(東邦大学)の補助金により作製されました。