再発防止・早期警告サインについて

再発防止・早期警告サインについて


再発防止・早期警告サインについて
皆さんは、『再発』と言う言葉を聞いて、どのようにお感じでしょうか?おそらく人によっていろいろだと思います。もしかしたら、何度か、再発を繰り返している人もいるかもしれません。逆に、再発なく、経過している方もいることでしょう。


『再発』という言葉自体になじみがない人もいるかもしれません。『再発』という言葉に、怖いイメージを持つ人もいるかもしれないですね。精神科の病気については、お読みいただいたかと思いますが、精神科の病気も、他の科の怪我や、病気がそうであるように『再発』の可能性を持っています。


さて・・・もし皆さんが、階段から落ちて足を骨折してしまったとします。入院し、手術やリハビリテーションをして一ヶ月が経過し、骨折はすっかり治ったようでした。手術の傷もほとんど残っていませんし、骨折前と、その動きも変わりません。しかし、やはり長時間歩いたりすると、以前より疲れがひどかったり、天気が悪いと怪我をしたところがじんじんと痛んだりします。


もし、皆さんが、この状態に気付かなかったとしたらどうでしょうか?せっかく、治った足の怪我はまた状態が悪くなってしまうでしょう。また、何となく気付いてはいたが、忙しいのでほおっておいたり、気のせいだから・・・と無理を重ねていたらどうでしょう?やはり、治った足の怪我は再び悪くなってしまうことでしょう。こういったことは、怪我に限らず、様々な病気でも同様のことが言えます。

再発防止・早期警告サインについて
精神科の病気でも同様です。皆さんが精神科の病気の診断を受けたり、そうでなくとも、このページをご覧になっていると言うことは、「何かしらの心身の不具合」を抱えている(あるいは抱えていた・・・と過去形になる方もいらっしゃるかもしれないですね)と思います。そのために、現在、これまでできていた生活ができなくなっていたり、入院を余儀なくされている方もいらっしゃることと思います。


状態が改善するためには、もう少し時間がかかる方もいれば、すっかり状態がよくなったと言う方もおられるでしょう。前者であれば、『再発』の話どころではないかもしれませんし、後者であれば『再発』なんて考えられないかもしれませんが、『再発』と、『早期警告サイン』のことを知っていれば、必ず役に立ちます。


『再発』と言うのは、決して、急激に起こるのではありません。つまり、突然に興奮するだとか、幻覚や妄想が急に始まる・・・ということは非常に少ないのです。ここでは、『再発』や再発を防止するためのポイントである、『早期警告サイン』についてお伝えしていきたいと思います。

東邦大学医学部精神神経医学講座
〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1 TEL:03-3762-4151
COPYRIGHT 2008 IL BOSCO ALL RIGHTS RESERVED.
本サイトは、厚生労働省・平成19年度障害者保健福祉推進事業「精神障害者の早期発見、早期治療のための地域生活支援体制のあり方に関する調査及び機能分化したリハビリ施設の試行的事業」(東邦大学)の補助金により作製されました。