統合失調症の症状

統合失調症の症状


統合失調症の症状
精神疾患は見た目にわからないので、他の人には理解されにくいことがあります。それは、目の見えない者だけが闇を乗り越えて生きることの真実を知っているように、精神障害を患った者だけが、発病による痛み、苛立ち、拒絶、感覚の喪失、孤独、悲しみの真実を知ることができるからです。


私たちが現在、統合失調症の症状について語れるのは、病いを経験した多くの患者さん達や、家族や仲間として病気を共有した人々の功績でもあるのです。統合失調症の症状を知った人々が自分や家族に病気を発見したときに、適切な援助を求め早期治療に導かれることを願ってやみません。


統合失調症の徴候は陽性症状と陰性症状の2つに分類されます。陽性症状は「誰もいないのに声が聞こえる」など通常ではあまりみられない、統合失調症を象徴する症状です。逆に陰性症状は「やる気が出ない」など目立たない地味な症状です。


陽性症状は目立ち、すぐに気づかれやすい症状です。陽性症状は家族にとって破壊的であり、両親にとって悩みの種となりますが、一方で薬が効きやすい特徴もあります。陰性症状は陽性症状ほど破壊的ではありませんが、障害を残しやすく薬に反応しにくいため、社会的な支援を要することがしばしばあります。

陽性症状に分類される徴候

幻覚

統合失調症患者は誰もいないのに声を聞いたり映像を見たりすることがあります。それは彼らの体においてただならぬ感覚であったりします。時に幻の声は文句を言ったり、安心させることも言ってきます。患者さんは声におびえたり、またその声に脅されることがあります。その声は彼らに何か普通でない行為や、有害なことを命令することもあります。

妄想

継続する訂正困難な強い信念のことです。それは宇宙人に指令を受けていると思いこんだり、有害な何者かによって監視されているという確信かもしれません。それは妄想型というタイプの統合失調症を特徴付ける症状です。その妄想について議論することは全く効果が無く、本人にとっては現実的な体験なので誰かの説得で変更できる類のものではありません。

思考障害

統合失調症者の思考の道筋の過程は、ほかの人とはかなり異なっています。思考はまとまりが無くばらばらで、会話はしばしば論理がめちゃくちゃでつじつまが合わなくなります。様々な考えが制御を欠いて浮かんできたり、思考が突然中断することもみられます。しばしば不適切な対応につながることがあり、その人は悲しいことや恐怖について話しながら笑っているなどちぐはぐな印象を与えます。

自我障害

彼らは自分の体や過去の自分とのつながりが薄くなったことを感じるかもしれません。自分の体と外界の境目を言えないかもしれません。この障害は自分が自分であることに混乱をきたし、一人の人間としての感覚を障害する可能性があります。

記憶障害

彼らはある出来事を思い出せないかもしれません。たとえばいつどこでやったかなどを思い出せないかもしれません。加えて、注意力散漫で優先事項を忘れることもありえます。

陰性症状に分類される徴候

アパシー、意欲の低下

エネルギーや人生に対する興味が欠如するために怠け者のようになるかもしれません。睡眠や食事にも問題をきたすこともあります。

感情や感覚の鈍麻

その人は感情が平板化し、仮面のように顔の表情が乏しくなります。心の動きはあるかもしれませんが、やさしさを受け取ったり、手伝ったりできるにもかかわらず、外見上の表情が少なくなります。この徴候は障害の進行に伴って更に目立ってきます。

うつ状態

うつ状態はいつも統合失調症に関係しているわけではない症状です。助けや望みが全く無い感じがしたり、人生の問題を感じたりするのは、一つには感情や表情の表現が乏しくなり愛嬌が無くなったり、症状のせいで人間関係が破壊されかねない振る舞いをしているためである場合もあります。このような感覚はとても辛くて自殺につながりかねません。

社会的引きこもり

統合失調症の患者さんは、彼らの友人と環境から様々な理由で引きこもるかもしれません。彼らは一人でいることに安心しほかの関係に属することから自分を守っているように感じます。何らかの社会性を示すことは大変困難になってゆきます。
しかし、一方でたくさんの統合失調症の患者さんが孤独を感じています。陰性症状により、意欲、働く力を得ることはとても難しくなります。 また、発病前や再発前に、何らかの徴候が見られることがあります。これは、疾患を特徴づけるものではないものの、同一個人内においてストレスが高まったときにいつも悪化に先立って見られる症状であったりし、前駆症状(初発の場合)や早期警告サイン(再発の場合)と呼ばれます。この時点で、人に相談したり、ストレスを減らす行動を行ったりすることは効果的です。早期警告サインは人によって様々です。たとえば一部をあげれば、睡眠の障害、食欲の異常、通常ではみられない奇異な行為、感情が鈍くなることや不適切な感じ方、継続困難な会話、通常ではない考えごとへの没入、やたらに確認したくなる考え、物事への特別な意味づけ、持続する非現実感、音やにおいの感じ方の変化などが見られることがあります。またその症状は、他の疾患と見分けることが難しく、専門家に相談することが推奨されます。
東邦大学医学部精神神経医学講座
〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1 TEL:03-3762-4151
COPYRIGHT 2008 IL BOSCO ALL RIGHTS RESERVED.
本サイトは、厚生労働省・平成19年度障害者保健福祉推進事業「精神障害者の早期発見、早期治療のための地域生活支援体制のあり方に関する調査及び機能分化したリハビリ施設の試行的事業」(東邦大学)の補助金により作製されました。