多職種チームアプローチとは

多職種チームアプローチとは


多職種チームアプローチとは

従来の医療チームは医師が中心となっていましたが、近年ではその方法は見直され、当事者を中心とした医療チームへと移り変わっています。多職種チームアプローチとは聞きなれない言葉ですが、医師や保健師・看護師、精神保健福祉士、作業療法士、臨床心理士など当事者(患者)を取り囲む全てのスタッフが当事者を中心としてチームを作り、医療を行う方法です。
この方法ではすべてのスタッフは公平な立場にあり、それぞれの立場から自由に意見を交換しながら治療を展開していきます。また、当事者だけではなくその家族もチームの一員としての立場を担っています。


この多職種チームのアプローチを実践するうえで大切なことは、他職種チームが単なる専門職の集まりということではなく、基本的には全員が治療、援助における一定水準の知識と技能を持ち、お互いの専門に関しても一定水準の知識を持っているということです。それにより、当事者に対するあらゆる角度からの情報収集や治療方針の検討が可能となり、より有効な援助が実現します。


また結果的に各チームスタッフの負担の軽減にもつながり、それぞれの専門性をより発揮しやすくなるのです。さらにすべての専門種に共通して求められることは、各領域において常に新しい情報のアンテナを張り、より専門性を高めていくことが求められます。

このような多職種チームのアプローチを取ることで一層質の高い医療サービスが提供できるのです。
東邦大学医学部精神神経医学講座
〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1 TEL:03-3762-4151
COPYRIGHT 2008 IL BOSCO ALL RIGHTS RESERVED.
本サイトは、厚生労働省・平成19年度障害者保健福祉推進事業「精神障害者の早期発見、早期治療のための地域生活支援体制のあり方に関する調査及び機能分化したリハビリ施設の試行的事業」(東邦大学)の補助金により作製されました。