DUP(精神病未治療期間)

DUP(精神病未治療期間)


最近では、 治療介入の遅れによる弊害も論じられている。
精神病発症から受診にいたるまでの時間を精神病未治療期間(Duration of Untreated Psychosis: DUP)という。


様々な地域での調査によりDUPはおおむね1~2年と言われている。
つまり、 症状に暫く苦しんだ末にやっと治療にたどり着くという現実がある。
多くの論文でDUPが長いほど精神病の予後は不良であるという結果が示されている。


治療の遅れにより生じる具体的なデメリットとして、回復の遅れ、より不良な予後、心理社会的機能の低下、家族や社会からの支援の喪失、自殺リスクの増加、医療コストの増大などが挙げられている。それらのデメリットは適切な時期の治療介入によって、阻止されうると考えられている。


治療の成否をかける治療臨界期(Critical Period)は発症から3~5年間といわれており、この期間に十分な治療をするためにもDUPの短縮は有用である。海外ではDUPを短縮させる取り組みとして、豪州のEPPIC(Early Psychosis Prevention and Intervention Centre)や、ノルウェーのTIPS(Early Treatment and Identification of Psychosis)などが存在する。
東邦大学医学部精神神経医学講座
〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1 TEL:03-3762-4151
COPYRIGHT 2008 IL BOSCO ALL RIGHTS RESERVED.
本サイトは、厚生労働省・平成19年度障害者保健福祉推進事業「精神障害者の早期発見、早期治療のための地域生活支援体制のあり方に関する調査及び機能分化したリハビリ施設の試行的事業」(東邦大学)の補助金により作製されました。