東邦大学医療センター大森病院腎センター関連リンク
東邦大学医療センター大森病院腎センター後期研修医募集
医局員専用ページ

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 腎センター

〒143-8541
東京都大田区
大森西6-11-1
電話:03-3762-4151(代表)

【休診日】
第3土曜日、日曜日、祝日
年末年始(12月29日から1月3日)
創立記念日(6月10日)

血液透析病診連携

地域の方々に安心して血液透析療法を受けていただくために、維持血液透析施設の先生方との病診連携はとても大切なものだと考えています。血液透析施設の先生方には当院で血液透析を導入された患者さんの後方支援として、そして、私たちは先生方にご診療いただいている維持透析患者さんの合併症に対応する後方支援病院として引き続き連携を図っていきたいと思います。
近年、時代の変遷とともに診療システムが臓器別に分かれ、血液透析患者さんの様々な合併症に当該専門医が対応させていただいています。この仕組みが、時として先生方に連携に不自由さを感じさせてしまうこともあるかもしれません。しかし、当該専門医が対応するメリットも大きく、今後もこの仕組みは維持されると考えます。ただし、血液透析患者さんがなんらかの理由で当院に入院が必要な際は、必ず私たちが併診させていただいております。退院の際は、診療情報をできる限りわかりやすく提供できるように努めてまいりたいと思っています。
当センターは当直医を配備し、24時間体制で対応しております。しかし、血液透析患者さんの地域連携救急体制は十分とはいえません。現在、血液透析患者さんの救急医療体制は各々の透析導入病院で行なわれており、透析導入病院は1-3次救急全て請け負っております。血液透析患者さんの増加に伴い、当院でもここ数年、透析室が満床になることや、救急対応が困難になることが発生しております。透析ベッドをお持ちの透析病院の先生方も各々でオンコール体制をしているとお伺いします。
今後、地域の血液透析患者さんの安全を守るためにも、維持血液透析施設の先生方も含めた大森、蒲田地区の血液透析患者さんのよりよい救急医療連携を構築していく必要があると考えています。