管内増殖性糸球体腎炎

管内とは糸球体の毛細血管の管腔内のことを意味します。腎臓には糸球体と呼ばれるろ過装置があり、その糸球体は毛細血管が糸玉のようになってできています。その毛細血管は特殊なろ過膜構造をもっており、血管の内側を内皮細胞が取り囲んでいます。その内皮細胞が傷害されて炎症を起こすとたんぱく尿や血尿がみられます。溶連菌感染を起こした後に起こる溶連菌関連糸球体腎炎が代表例です。

どのプログラムに沿って診療を受けたらいいですか?