膜性増殖性糸球体腎炎

腎臓の糸球体と呼ばれるろ過装置は毛細血管が糸玉のようになっており、毛細血管が特殊なろ過膜構造をもっており、その膜を基底膜といい、その毛細血管を内側からつなぎ合わせているものをメサンギウムといいます。その基底膜を傷害し、メサンギウムにも炎症を及ぼす疾患を膜性増殖性糸球体腎炎といいます。
膜性増殖性糸球体腎炎は膠原病、感染症あるいは血液疾患などに続発ある場合もあり、まずはそれらの疾患を検索する必要があります。治療が奏功しない場合、進行性で末期腎不全に至る可能性があります。

どのプログラムに沿って診療を受けたらいいですか?