入局希望の方へ

メニュー

M6卒前臨床実習

M6選択制臨床実習の前文やGIOはM5臨床実習のそれと変わりありません。
M6卒前臨床実習ではM5では不十分であった診療参加型臨床実習を主体とした臨床実習を行ないます。腎臓外科系担当医と腎臓内科系担当医から患者を受け持ち、「擬似カルテ」による問題解決型プロセスを学習します。回診とカンファレンスでのプレゼンテーションを行い、問題解決型診療記録(POMR)を作成します。担当患者の手術、処置、検査に共に入り、インフォームドコンセントに立ち会います。

実際の患者を担当することは責任も伴いますが、楽しいものです。相手がひとである以上、自分の都合だけではうまくいかない場合もあります。君は患者さんに会いに行くのが少しストレスでしょう。突然、検査や手術が組まれ、ストレスを感じるかもしれません。「辛いな」-感じていいのです。僕たちも時々愚痴をこぼし、悪い冗談を言い、また現場に戻っていくのです。そして現場では真剣にそしてキラキラして、時にはその役割を演じることで仕事をしているのです。それを感じ取ってくれることも大切なんだと思います。
「医師として必要な態度、価値観、習慣を身につける。」とは何なのでしょう。どうやって君が大学で得た知識は人々に還元されていくのでしょう。人と人のコミュニケーションも学んでほしいと思います。

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大森病院 腎センター


〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

【休診日】
第3土曜日、日曜日、祝日
年末年始(12月29日から1月3日)
創立記念日(6月10日)