トップページ > ALSの治療にロボットスーツHALを導入
ALS/LIVE TODAY FOR TOMORROW
東邦大学医療センター大森病院 脳神経センター(脳神経内科)関連リンク

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大森病院 脳神経センター
(脳神経内科)

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

ALSの治療にロボットスーツHALを導入

 
神経内科及びリハビリテーション科では、2018年8月1日より、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の歩行機能改善を目的とした治療に、ロボットスーツHAL®(Hybrid Assistive Limb®)を都内の大学病院では初めて導入しました。
 HAL®は、緩徐進行性の神経・筋疾患の進行抑制治療において、歩行機能の改善効果が示された医療機器です。今回対象となる筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者さんは、身長が150-165 cmで、介助または歩行補助具を使うことで10m以上歩行可能な方となり、症状に応じたより良い治療につなげていきます。

以上

治療に関するお問合せ先

東邦大学医療センター大森病院 脳神経センター(神経内科)外来
〒143-8541 大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)月~金14:00-16:00まで