伝統的な実践理論に基づいた、世界水準の東洋医学を目指します
東洋医学(漢方・鍼灸)学び方

コラム

三浦於菟先生の誰も教えてくれない東洋医学の話
田中耕一郎先生の漢方薬と身近な食材
橋口亮先生の薬膳教室
東洋医学科医局News
メディア掲載情報
東邦大学医療センター大森病院東洋医学科 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 東洋医学科

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

【特殊外来】 高度手技療法

洗練された手技で骨盤から経絡の通りを整えます

骨盤、脊椎周囲のツボなど東洋医学の経絡の概念を踏まえ、現代のリハビリテーションで用いられてきた拘縮の治療法を応用させた手技療法です。
東洋医学には経穴(ツボ)を刺激して治療するという考え方があります。
重要な経穴は関節の周囲にも多くあり、気血の流れを整える上で関節が重要な治療ポイントであると考えられます。
特に骨盤にある仙腸関節や背骨の関節は身体の柱のような役割を果たしているため、負担が掛かりやすく動きが悪くなりがちです。これにより気血の流れが滞り、痛みやシビレ、凝りなどが起こることがあります。
高度手技療法は関節の動きを良くして、気血の流れを促し痛みやシビレ等を治す治療方法です。