• トップページ  >  
  • 東洋医学科 医局News  >  
  • 9月28日、漢方の研修中の歯科医の新美知子先生が、横浜のみなとみらいでの国際疼痛学会で立効散の発表をしました。

東洋医学科 医局News

9月28日、漢方の研修中の歯科医の新美知子先生が、横浜のみなとみらいでの国際疼痛学会で立効散の発表をしました。

9月28日、漢方の研修中の歯科医の新美知子先生が、横浜のみなとみらいでの国際疼痛学会で立効散の発表をしました。
漢方、鍼灸の発表も欧米の施設からも多くでおり、大変勉強になりました。研修医で当科をローテートしていた毛利先生も学会デビューが国際学会となり刺激となったようです。
当科では、日本東洋医学会はもちろんのこと、現代医学の各専門分野の学会への参加も積極的に進めています。
疼痛の学会としては、最も大きい国際学会です。

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大森病院 東洋医学科

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)