東洋医学科 医局News

医局の日常と自然の移ろい①

私たちは患者さまの病を治療し、癒し、健康度を上げるために働いています。
そのために自分たちの気持ちも整え、日々診察室に向かう必要があります。

その起点となるのは、医局という場所です。
東洋思想の中に「先ず隗より始めよ」という言葉があります。

今までの東洋医学科の医局にはモノがあふれていて、
古い本も整理されず
何となくよどんだ感じがありました。
これは東洋医学でも「気の通りがわるい」という状態です。

そこで、部屋を掃除することから始めていくこととなりました。

ただ掃除をするだけはなく、キーワードとして

「感性を研ぎ澄ます空間」「クリエイティブな空間でクリエイティブな取り組み」 
 私たちの大きな仕事のひとつは創造的な、研究を行うことです。

「東西融合をはかる統合された拠点」
「各方面への発信の場」
現代の標準治療の優れた部分とも協調し、幅を広げていきたいと思います。


「自らが自ずから健康になっていく」
多忙な医療の仕事の中でも、自分たちの心身ともに健康を、東洋医学で創造していきたいと思います。

「もう一歩先を行く質の高い診療」
そして、診療の場で患者さまにお役に立てればと考えています。

外来の場面は人と人との対面です。限られた時間ではありますが、
「病気を診るのではなく、人を診る」という医学教育からの流れを実践しつつ、

「患者さまの健康と人生そのものの喜びに気づいて頂ける働きかけ」
「健康にもつながる創造性のある暮らし」
ここには東洋医学の知恵も大いに役に立ちます。


「私たちも日々更新」

診療の場という繊細な空間の中で、研ぎ澄まされた感性を磨き、
皆さまの感性にまで働きかけできる医療を提供してまいります。

変わりつつある医局の雰囲気を写真を通じて報告していきたいと思います。

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大森病院 東洋医学科

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)