講座のご案内
大田区子ども夜間救急室
交通案内
関連リンク
医療関係の方へ
入力希望の方向け特設サイト

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 小児科

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

【休診日】
第3土曜日、日曜日、祝日
年末年始(12月29日から1月3日)
創立記念日(6月10日)

教室案内

 

教授ご挨拶・教室紹介

松裏 裕行 教授
       松裏 裕行 教授
1次救急からから3次救急までの対応で、症例数は豊富
子どもの総合診療科として存在感を放つ

東邦大学医療センター大森病院 小児科は、こどもの身体的・精神的な健康を守り、社会的にも健やかに生活できるよう、小児の「総合診療科」として社会に貢献することを目指しています。
特に5つの目標をもって取り組んでいます。
  1. 良き小児科医の育成
  2. 大学病院にふさわしい高度な医療の実践
  3. 城南地区の基幹病院としての責務の遂行
  4. 患者さんである小児だけでなく保護者の不安に寄り添ったに優しい医療
  5. 医局員の融和に努めること
東邦大学は、東京都西南部の基幹病院の一つであり、大学病院として当地区の高度な小児医療を提供しております。大田区の小児人口は約8万人であり、私たちは行政、地区医師会の皆様との連携を通して子どもたちの健康をお守りしています。また、大田区唯一の三次小児救急医療機関としての責務を果たすとともに、都立荏原病院や大森日赤病院など小児2次入院医療機関との密な連携をとって地域医療へ貢献をしています。

診療方針としては、幅広い領域の疾患に対し、シームレスな一次〜三次医療の実践を行っています。軽症者の中に混じる少数の重症例を的確に拾い上げることや非特異的な主訴から的確な診断・治療を行い、治癒を目指しております。

外科系疾患にも積極的に関り、的確な初期対応と外科系各科との協力体制をもって対応し、患者さんが不安なく東邦大学に受診して頂けるようにしています。

また医局員には、様々な背景があります。出身大学・医師としての経験・家庭などがあり、医局員がそれぞれを理解してお互いが融和することで、ひいては患者様により良い医療を提供できると考えています。当科ではダイバーシティ・マネジメントを重視することで、医局員の思いを一つにし、小児医療に邁進するよう努めています。

スタッフ紹介

氏名職位出身校
松裏裕行教授 防衛医科大学校
佐藤 真理准教授 東邦大学
髙橋 浩之准教授 京都府立医科大学
渡邊 美砂講師 信州大学
羽賀 洋一院内講師 東邦大学
麻生 敬子院内講師 東邦大学
早乙女 壮彦助教 東邦大学
松岡 正樹助教 東邦大学
澤 友歌助教 東邦大学
藤巻 有希助教(任期) 東邦大学
植田 有紀子助教東邦大学
川合 玲子助教東邦大学