周術期を通して安全で快適な環境をつくるために~手術を受ける すべての方に知ってほしいこと~

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 周術期センター

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

口腔ケア

口腔管理部門 スタッフ紹介

歯科衛生士 1名(専任)

交代制

口腔外科 医師 1名(兼任)

関谷 秀樹

みなさんの口腔を歯科衛生士が拝見します

  • 周術期センター所属の歯科衛生士が拝見します。
  • 時間は3分程度。
  • 苦痛は一切ございません。
ただし、口腔チェックは月曜日から金曜日の午前の外来のみでの対応となります。午後と土曜日の外来では、歯科衛生士によるチェックは行っておりません。2013年4月以降は、全ての外来に対応可能となる予定です。

みなさんの口腔内チェックの意義とメリット 1

術後肺炎の合併症予防

口腔衛生状態不良のかたは、歯周病やう歯からの排菌が持続し、術後合併症を引き起こすことが...
こうした合併症を予防するためには、
感染源(歯石・う歯)のありそうな場合
  • かかりつけ歯科受診依頼
    (口腔外科外来にて対応します)
  • 当院で感染源の除去を行います(予約・保険診療)
注意!以下のリンク先には患部画像があります。

みなさんの口腔内チェックの意義とメリット 2

全身麻酔実施時の歯牙損傷の予防

前歯(門歯)は、気管に管を入れる際の喉頭展開時の器具で、破損しやすい歯です。
動揺歯牙や差し歯(根だけを残して入れたもの)は、脱落しやすく、また気管内に入ってしまう可能性もあります。
そこで口腔外科外来にて「トゥースガード」を作成していただき、脱落の可能性を軽減します。

「トゥースガード」 保護装置

  • 全身費用は、片顎 5000 円+消費税
  • 樹脂製のカバーのような物
もちろん、脱落の可能性とリスクをご理解いただければ、作成しないという選択肢もあります。
注意!以下のリンク先には患部画像があります。