医師として 人として こころと向きあう
後期研修医・レジデント募集のお知らせ
フレッシュマンの声
患者さんへ 診療のご案内
東邦大学医学部 精神神経医学講座 関連リンク
イル ボスコ
こころの健康教室サニタ
MEICIS
SODA
城南ティーンこころのメンテ研究会

【お問い合わせ先】

東邦大学医学部
精神神経医学講座

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

後期研修医・レジデント募集の概要

東邦大学医学部における後期研修コース

下記は平成31年度入局者の募集の概要となります。
令和2年度入局者の募集の概要に関しましても概ね下記の通りとなる見込みです。
決定次第随時情報を更新させていただきます。

専門研修プログラム名

東邦大学医療センター大森病院 精神科専門研修プログラム

プログラム担当者氏名

水野 雅文
住 所:〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1
 電話番号:03-3762-4151  FAX:03-5471-5774

専攻医の募集人数

10人

専攻医の募集時期

応募方法

専門研修の理念と使命


  1. 専門研修プログラムの理念(全プログラム共通項目)

    精神科領域専門医制度は、精神医学および精神科医療の進歩に応じて、精神科医の態度・技能・知識を高め、すぐれた精神科専門医を育成し、生涯にわたる相互研鑽を図ることにより精神科医療、精神保健の向上と社会福祉に貢献し、もって国民の信頼にこたえることを理念とする。

  2. 使命(全プログラム共通項目)

    患者の人権を尊重し、精神・身体・社会・倫理の各面を総合的に考慮して診断・治療する態度を涵養し、近接領域の診療科や医療スタッフと協力して、国民に良質で安全で安心できる精神医療を提供することを使命とする。

  3. 東邦大学医療センター大森病院精神科専門研修プログラムの特徴

    東邦大学医学部精神神経医学講座は、帝国女子医専時代にはじまる長い歴史と伝統を もち、本邦の臨床精神医学の発展に大きく貢献してきた。現在も精神科早期介入や統合型 地域精神科治療など、日本の精神医療における先駆的な取り組みを続けており、医局員は 臨床および研究領域で世界的にも活躍している。

    基幹病院である東邦大学医療センター大森病院精神神経科(メンタルヘルスセンター)は、 人口約70万人の大田区において精神科病床を有する唯一の総合病院であり、大田区の みならず近隣地域も含めた医療圏の中核施設と位置付けられている。病棟は閉鎖36床を 有し、急性期治療や身体合併症治療に必要な隔離室や観察室も備えている。また、外来 診療施設に加えて精神科デイケアを有し、精神科リハビリテーションにも対応している。デイ ケアは「イルボスコ(イタリア語で森の意味)」と名付けられ、早期精神病に特化したユース・ デイケアとして、そのユニークな活動と成果は海外からも注目を集めている。

    専攻医は入院患者の担当医となり、指導医のもとで看護師、精神保健福祉士、臨床心理 士、薬剤師、栄養士などとチームを組み、さまざまな精神疾患の診断と治療を学んでいく。 面接技法、精神症候学、生物学的検査、心理検査、認知機能検査などの診断に必要な技 能や、薬物療法、精神療法、修正型電気療法、精神科リハビリテーションなどの治療法を修 得することができる。光トポグラフィーや認知リハビリテーションなどの最新の技法に触れるこ ともできる。児童・思春期症例が豊富であることも特徴であり、近隣の公的機関からの相談 や診療の要請も多い。また、日本老年精神医学会の認定施設でもあり、認知症や老年性 精神疾患など超高齢社会において不可欠な老年精神医学についても習得できる。リエゾン 精神医学では、緩和ケアチームに加わり腫瘍精神医学について学ぶこともできる。多くの精 神疾患における診断や治療を網羅的に学び身につけることができる環境といえる。

    また、済生会横浜市東部病院(横浜市)、井之頭病院(三鷹市)、武田病院(川崎市)、東 京足立病院(足立区)、東京武蔵野病院(板橋区)、港北病院(横浜市)、松沢病院(世田谷 区)、神奈川県立こども医療センター(横浜市)、大泉病院(練馬区)、慈雲堂病院(練馬区) などの、基幹施設から比較的近距離の単科精神科病院が連携施設にあり、3 年間を通じて 基幹施設との密なる結びつきのもとに研修を進めることができる。アルコール関連障害治療、 精神分析療法、認知症治療、精神科リハビリテーションなど、各病院とも特色あるプログラム を準備している。また、あさかホスピタル(福島県郡山市)では、全国にその名が知られた 「統合型地域精神科治療プログラム(Optimal Treatment Project, OTP)」や「ささがわプ ロジェクト(本邦初の包括的な脱施設化)」についても学ぶことができる。その他にも鶴見西 井病院、練馬光が丘病院をはじめ、多くの精神科医療機関を連携施設としてプログラム内に有しており、各専攻医の希望に応じた個別的な対応が可能である。

    本プログラムにおいては、児童・思春期および早期精神病から、慢性期のケアや認知症 サポートまで、そして生物・心理・社会に加えて倫理観も併せた bio-psycho-socio-ethical な視点に立った、網羅的かつ多次元的な精神科専門医研修を、充分な訓練設備と豊富な スペシャリストのもとで着実に学べる最適な環境が約束されている。専門医の取得のみをゴ ールにしない、その後の更なる飛躍を見据えた研修が、本プログラムの特色である。