患者さんへ

メニュー

イル ボスコ(EPU)

”イル ボスコ”は、平成19年5月1日に開設する東邦大学医療センター大森病院メンタルヘルスセンターEarly Psychosis Unit(EPU)の愛称です。

イル ボスコでは、統合失調症の前駆状態における適切な介入により顕在発症への進展を頓挫させる早期介入(early intervention)と、発症間もない初回エピソード後の社会復帰を目的とし、居場所ではなく、治療施設の側面を強調した「Early Psychosis Unit」と位置づけ、6号館入院病棟との連携、急増する地域の精神科診療所や学校との連携を密に行って参ります。

若者に特化した精神障害予防のための複合的デイケアとご理解ください。対象者は15歳から30歳に限定し、登録期間も1年更新とし、アセスメントに基づいた個別の治療計画とエビデンスに基づいた認知行動療法、認知機能訓練を両軸としたプログラムを特徴としております。

「イル ボスコ」オープニング風景(2007年5月1日)

「イル ボスコ」オープニング風景

お問い合わせ先

東邦大学医学部
精神神経医学講座

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

お問い合わせ