診療方針

“患者ファースト”を信念に、最適な治療方針を提案

我々の診療ポリシーは、患者さん一人ひとりに最適な治療を提供することです。入院患者さんについては週に3回、担当医以外のドクターも含めたカンファレンスを行い、複数名で意見を交わしながら必要な治療方針を確定します。脳血管障害に対して血管内手術と開頭手術の両方で対応できることも当科の大きな強みですが、患者ファーストの診療を実践するために、より適した手術方法を提案させていただきます。患者さんの症状、体力、全身状態などを考慮した上で、最も安全で適応性の高い治療を採用します。