教育・研修

研修カリキュラム

研修1年目

研修病院 研修内容
東邦大学医療センター大森病院 眼科一般検査法、診察法、処置法を習得。
入院患者の担当医となり眼科疾患について学ぶ。
豚眼実習に参加し、顕微鏡下手術を学ぶ。
白内障手術、網膜硝子体手術などの助手を行い、手術に参加する。
網膜光凝固を術者として行う。
外眼部手術を術者として行う。
指導医と当直を行い眼科救急医療に参加。

研修2年目

研修病院 研修内容
東邦大学医療センター大森病院 一般外来を週1回ほど診察医として行う。
白内障手術を術者として行う。
網膜光凝固、外眼部手術の経験を積み、様々な症例に対応する。
後輩を指導する。

研修3年目

研修病院 研修内容
東邦大学医療センター大森病院
または関連病院
斜視、未熟児、緑内障などの専門外来へ参加。
斜視、網膜剥離手術を経験。
白内障手術、外眼部手術の経験を積み、様々な症例に対応する。
後輩を指導する。

研修4年目

研修病院 研修内容
東邦大学医療センター大森病院
または関連病院
総合的な眼科医療を行う。
緑内障、網膜硝子体手術を経験。
後輩を指導する

研修5年目

研修病院 研修内容
東邦大学医療センター大森病院
または関連病院
専門医試験を受ける。
専門分野についての研鑽を積む。

指導システム

一般指導

3~6ヶ月毎に病棟・外来をローテートし、指導医も交代する。 研修医の成長度合いをみて指導医の評価をする。

手術指導

各分野の担当医の手術を見学し、直接指導を受ける。
豚眼実習に参加し、顕微鏡下手術を習得する。
ビデオ検討会・討論会で手術の反省点・コツを学ぶ。

週間予定

月~金 午前・午後 外来、担当患者の診察、検査、手術
午前 外来、担当患者の診察

週間医局行事

午前8:15
週間予定手術カンファレンス
午後5:30
角膜症例カンファレンス
午後7:00
レジデント向け角膜勉強会(第4週) 
午後6:00
豚眼実習(月に数回)
午後5:00
医局会、カンファレンス
午後6:30
学術研究会(第3週)
午前8:20
堀教授回診・病棟カンファレンス
午後5:00
斜視カンファレンス(月1回)
午後5:00
前期研修医向け眼科基礎勉強会(月1回)

当直

平日 月3~4回程度
土日 月1回程度
※年次が上がるごとに減少

学位・大学院と海外留学について

大学院希望者は積極的に受け入れております。大学院では疾患別研究班に属して指導者からテーマをうけ、学位の取得に努めることになります。ただし、大学院希望者はできるだけ早く(できれば後期研修前)その旨を伝えてください。希望に沿った大学院カリキュラムを個別に作成します。

海外留学希望者はその旨を医局管理運営責任者(教授)に伝えてください。希望者には個別にカリキュラムを作成し、積極的に海外留学も行えるようにしています。