先輩医師の声

子どもたちのサインを読み取ることに興味

早乙女 壮彦(助教:2006年入局)

入局を決める際、内科系、外科系を含めいくつもの科で迷いましたが、自分の症状や状態を上手く表現できない子どもたちの訴えやサインを適切に汲み上げて診断、治療につなげる小児科に興味を持ちました。
先輩医師たちが患者さんの問題を丁寧に挙げて、しっかりとアセスメントして対応している姿にも魅力を感じ、豊富な症例もある当科に入局することを決めました。

先輩後輩が手を取り合う、仲の良い医局

この医局では、後輩だから先輩の言う通りに合わせるというのではなく、自分の意見や考えを伝えることができます。逆に、後輩が困っていれば先輩がアドバイスを送るという、いい関係性が築けています。
みんなで食事に出掛けたり、スポーツをして汗を流すこともあります。また、医師だけでなく看護師さんとも協力して患者さんのケアを行い、難しい疾患であれば勉強会を開いて、情報を共有したりしています。

子どもたちの「ありがとう」を次への活力に

私の専門はアレルギーです。食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、気管支喘息など長期に渡る上、日常生活に不便を感じることなので、患者さんのストレスや不安は大きいと思います。
そのため小さなことも丁寧に拾い上げ、前に進められるように心掛けて診療を行っています。それが上手くいって、子どもたちの元気な姿を見たり、「ありがとう」と言ってもらえることは何ごとにも代えがたいうれしさですし、次も頑張ろうという気持ちにさせてくれます。

他の先輩医師の声を見る