教育・研修

令和2年度(2020年度)大森病院 小児科 後期研修プログラム

注意:本専門研修プログラムは、2次審査の日本専門医機構へ申請を行っておりますが、修正・変更があることを予めご承知おきください。

東邦大学医療センター大森病院小児科専攻医プログラムの概要

小児科医は成⾧、発達の過程にある小児の診療のため、正常小児の成⾧・発達に関する知識が不可欠で、新生児期から思春期まで幅広い知識と、発達段階によって疾患内容が異なるという知識が必要です。さらに小児科医はgeneral physicianとしての能力が求められ、そのために、小児科医として必須の疾患をもれなく経験し、疾患の知識とチーム医療・問題対応能力・安全管理能力を獲得し、家族への説明と同意を得る技能を身につける必要があります。
本プログラムでは、「小児医療の水準向上・進歩発展を図り、小児の健康増進および福祉の充実に寄与する優れた小児科専門医を育成する」ことを目的とし、一定の専門領域に偏ることなく、幅広く研修します。専攻医は「小児科医は子どもの総合医である」という基本的姿勢に基づいて3年間の研修を行い、「子どもの総合診療医」「育児・健康支援者」「子どもの代弁者」「学識・研究者」「医療のプロフェッショナル」の5つの資質を備えた小児科専門医となることをめざしてください。
専門研修1年目は東邦大学医療センター大森病院で、感染性疾患・内分泌代謝疾患・血液腫瘍疾患・アレルギー疾患・呼吸器疾患・消化器疾患・腎泌尿器疾患・循環器疾患・神経疾患を一般小児病棟で、あるいは周産期センター新生児部門で新生児疾患・先天異常疾患を担当医として研修します。2年目以降は一般小児病棟あるいは周産期センターで6か月、または東邦大学医療センター大橋病院あるいは佐倉病院で3か月から6か月それぞれ担当医として研修し、3年目は大学病院ですべての領域で総合的に研修します。3年間を通じ、外来での乳児健康診査と予防接種などの小児保健・社会医学の研修と救急疾患の対応を担当医として研修します。
当科は東京都区南部の高度医療センターとして位置づけられ、大学病院としての高度な専門医療に対応するため、各専門領域に経験豊富な専門医を有し、さらに、1次から3次までの救急患者を受け入れる体制も有しているため、小児科医として欠くことのできない救急疾患の対応、急性疾患の管理も研修できる施設です。さらに、近隣の関連施設で急性疾患の対応と慢性疾患の初期対応を経験でき、地域の特性と病院の役割に応じて、すべての領域にわたり、もれなく経験できる体制です。

令和2年度 新・後期研修プログラム(2次審査申請済)

研修医教育

3年目
Rotations
小児科一般、心臓、血液・腫瘍、神経
4年目
Rotations
新生児・未熟児、アレルギー、腎臓
5年目
臨床実地病院へ出向
6年目
専門決定・又は大学院
7年目
senior resident
8年目~
diploma 学位取得

国内外の研修先

本人の希望の国内・国外施設に出向させていきます。
< 国内 >

  • 国立成育医療センター
    麻酔研修(ほぼ全員)q3-6m
  • 東京女子医科大学病院 心臓病センター
  • 国立精神・神経医療研究センター
  • 瀬川記念小児神経学クリニック
  • 国立成育医療研究センター(内分泌)
  • 東京都立小児総合医療センター
  • 同愛記念病院 (喘息)
  • 茨城県立こども病院(小児血液)
  • 東邦大学
    腎センター(腎移植)、消化器センター、膠原病内科 etc

< 国外 >