先輩医師の声

意外と外科的手技が多い内科

島貫 結衣(レジデント:2019年入局)

私はもともと眼科を志望していました。初期研修の選択科目も外科系ばかりでしたが、ご縁のあった呼吸器内科の先生の影響で面白さを感じ、ここに入局しました。
当科は内科ですが、気管支鏡検査をしたり、胸腔ドレナージでトロッカーを入れたり、胸水を抜いたりと外科的な手技は多くあります。そのため、内科と外科で迷っている先生にもおすすめできる診療科だと思います。

医局全体でのサポートで、女性医師も安心

当科は私を含めて、女性医師も多く在籍しています。現在、育休中の先生や妊娠中の先生もいますが、いつまで仕事をしたいかなど本人の希望を聞いて、ほかの先生がそれに合わせて動くといった感じで働いています。上の男性医師のほとんどが子どもを持っているので、理解が深く、女性の先生も働きやすく、続けやすい医局だと感じています。

悩み過ぎず、直感で決めても後悔はなし

今はいろいろな選択肢が考えられる時代だと思います。病院で働くにしても、いろいろな診療科があります。大学を出て2年間で、そのあとの何十年を決めるのは難しいことだと思いますが、私は「もしかしたら呼吸器内科いいかも」くらいの気持ちで入りました。それでも楽しめる診療科ですし、一生懸命にやれています。あまり悩み過ぎず、直感を信じてみるのもいいと思います。

他の先輩医師の声を見る