新生児科

診療科紹介
与田 仁志

ごあいさつ

新生児は一生のうちでも有病率が高く、早産の赤ちゃんやいろんな病気の新生児を診るのが新生児科です。小児科の一部門ですが、歴史的に産婦人科から派生しており産科との結びつきが強い診療科です。東邦大学は全国で初めて講座として独立しました。周産期という文字通りお産を取り巻く分野で、妊婦さんや生まれる前後の赤ちゃんを周産期母子センターや新生児集中治療室(NICU)で診療しています。
新生児期だけでなく、東邦大学では生まれる前の胎児から母体を通して診ていくのが特徴です。また、退院して成長した児を学童までフォローアップしていく診療もしています。専門性が高いのでスタッフ医師は小児科(産婦人科)の専門医を取得してからさらに周産期(新生児)専門医を目指し、まさにスペシャリストとして活躍しています。

与田 仁志

診療科紹介動画