診療方針

女性比率の高い泌尿器科。体力面の不安もなし

当科には在籍する4名に加え、現在は外部に出ている1名、プログラムを共有している大橋病院に2名の女性泌尿器科医がいます。全国的に見ても、女性比率の高い泌尿器科の医局で、女性医師の診察を希望する患者さんへの対応はしっかりできていると自負しています。
外科的手技の多い科ではありますが、手術時間は比較的短く、座って行える手術もあります。したがって、体力的な負担はほかの外科分野より少ないので、体力面を理由に躊躇している女性医師にはうってつけの診療科ではないでしょうか。一般的には女性の泌尿器科医は少ない傾向にありますが、需要は高まっていますので積極的に入局を検討してください。

患者の気持ちが分かる医師育成へ。ともに有意義な時間を

当科では、茨城県水戸市、福島県いわき市、千葉県我孫子市などにアクティブな関連病院を持っています。そういった市中病院であり、なおかつ都市部ではない場所で、研修を積めるプログラムを用意しています。それぞれの地域性を持った患者層を広く見られるというのがなによりの特徴です。
そういったものも含め、当科で外科医としての技術を身に付けていただくのとともに、患者さんの気持ち、患者さんご家族の気持ちを理解し、その上で治療に当たれる医師を育てていきたいと考えています。間口が広く、やるべきことのたくさんある診療科ですので、有意義な時間を作れると思います。