患者さんへ

メニュー

PGT-A臨床研究について

当院におけるPGT-Aは、日本産婦人科学会で主導するPGT-A臨床研究※の研究分担施設として認定を受け、実施しています。

※「反復体外受精・胚移植(ART)不成功例・習慣流産例(反復流産を含む)・染色体構造異常例を対象とした着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)の有用性に関する他施設共同研究」

PGT-A臨床研究について

研究で調べること

着床前胚染色体異数性検査(PGT-A)を行う事で、流産率の減少や一人あたりの妊娠成功率が高くなるかどうかを調べます。

研究に参加できる方(下記①~③いずれかに当てはまる方)

①反復ART不成功の方
直近の胚移植で2回以上連続して臨床的妊娠が成立していない。
※ご夫婦の染色体検査は必須ではありませんが、施行されていることが望ましいとされています。

②習慣流産(反復流産)の方
直近の妊娠で臨床的流産を2回以上反復し、流産時の臨床情報が得られている。
※ご夫婦の染色体検査が行われていることが必須です。
※子宮形態異常・抗リン脂質抗体症候群と診断されている方は対象となりません。

③染色体構造異常のある方
ご夫婦のいずれかにリプロダクションに影響する染色体構造異常がある。 
  • 診療費用

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大森病院 リプロダクションセンター(婦人科)

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)