患者さんへ

メニュー

PGT(着床前遺伝学的検査)について

PGT(Preimplantation Genetic Testing;着床前遺伝学的検査)とは・・・

体外受精や顕微授精によって得られた胚(受精卵)の細胞を一部取り出して染色体や遺伝子の解析をし、将来的に生まれてくるお子さんの遺伝情報を調べる検査のことです。

着床前遺伝学的検査には、下記3つの種類があり、それぞれ検査で分かることが異なっています。当院では日本産科婦人科学会の「着床前診断に関する見解」および関連学会等が定める倫理指針を順守し実施しています。

①PGT-A (Preimplantation Genetic Testing for Aneuploidy;着床前胚染色体異数性検査)

  • 染色体に異数性(染色体の本数が増えたり減ったりする現象)がないかどうかを調べます。
  • 異数性がある胚の場合、着床不全(妊娠に至らない)や流産の原因になったりします。

②PGT-M (Preimplantation Genetic testing for Monogenic/Single Gene Defects;着床前単一遺伝子欠損検査)

  • 特定の単一遺伝性疾患(遺伝子の変化を原因とする疾患)について調べます。
  • カップルのいずれかが重篤な遺伝性疾患の保因者(疾患の原因となる遺伝子の変化を持っている)である場合に実施を検討されます。

③PGT-SR (Preimplatation Genetic Testing for Structural Rearrangement;着床前染色体構造異常検査)

  • 染色体の構造異常(染色体の一部分だけ増減が生じている)がないかどうかを調べます。
  • 染色体検査においてご夫婦どちらかに転座などの指摘があった方が対象となります。

着床前遺伝学的検査の流れ

PGT-A臨床研究について

受診の流れ

  • 診療費用

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大森病院 リプロダクションセンター(婦人科)

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)