みなさまのお役にたてる検査データをご提供いたします。
大森病院 院内マップ 2号館
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 臨床生理機能検査部

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

腹部・表在・産婦人科泌尿器科領域

腹部領域超音波

検査内容

腹部領域超音波
肝臓、胆嚢、膵臓、脾臓、腎臓の形や大きさに異常がないかどうかを観る検査です。

検査時間

15~20分程です。

注意事項

食事によって胆嚢が収縮し観察できなくなるため、原則として検査前6時間は食事できません。牛乳等(乳製品類)でも胆嚢は収縮しますので水以外の水分摂取は避けてください。普段服用している薬は飲んでもかまいません。

表在領域超音波

検査内容

表在領域超音波
乳腺、甲状腺、頚部、下肢、上肢、体の表面にできたしこりの形や大きさ、性状を観る検査です。

検査時間

10~15分程です。

注意事項

乳腺を検査する場合、上半身裸の状態で検査を行います。甲状腺頚部の検査では、肩の位置に枕を当て首を伸展させた状態で検査を行います。ネックレスは外していただきます。

産婦人科・泌尿器科領域超音波

検査内容

産婦人科領域では子宮、卵巣、泌尿器科領域では膀胱、前立腺これらの臓器について形や大きさに異常がないかどうかを観る検査です。

検査時間

5~10分程です。

注意事項

検査部位の周囲には腸管があり、超音波ではその腸管内のガスが障害となります。これを取り除くには膀胱内に尿をたくさん貯める必要があります。これにより腸管は上部へ押し上げられ、全貌がよく観察できるようになります。そのため水分を多く摂取するようにしてください(500ml前後)。
泌尿器科領域の内、睾丸の検査の場合は尿を貯める必要はありません。
産婦人科領域で赤ちゃんの体重を検査する場合、特別の場合(前置胎盤や妊娠早期4~10週)を除いては尿を貯める必要はありません。