• トップページ  >  
  • 医局News  >  
  • 当科を受診してくださった多くの患者さんにご協力いただいた呼気試験によるビタミンB12欠乏症の診断に関する研究論文が掲載されました!

医局News

当科を受診してくださった多くの患者さんにご協力いただいた呼気試験によるビタミンB12欠乏症の診断に関する研究論文が掲載されました!

臨床一本槍だった私が2014年に東邦大学総合診療科に戻ってきてから、教授に手取り足取りご指導いただき、初めて行った呼気研究の結果をまとめた論文が国際的な学術雑誌であるMedical Science Monitorに掲載されました。

この論文は13C-プロピオン酸という人体には無害な物質を服用してもらった後に吐いた息を集めて分析することで、高額で痛みを伴う血液検査を行わずに、ビタミンB12欠乏症を簡便に診断できないかというテーマで行ってきた研究です。

痺れ、ふらつき、物忘れ等の症状で当科を受診され、臨床的にビタミンB12欠乏症が疑われた多くの患者さんに同意をいただき、1時間にわたって呼気採取にご協力いただきました。

本研究の結果としては、血清ビタミンB12値との強い相関は認められかったもののビタミンB12欠乏により生じる赤血球の大球性変化との関連や、ビタミンB12補充による補充前と比較した呼気検査結果の明らかな改善が認められました。

これらの結果から、1時間の呼気検査によって、患者さんに採血等の大きなご負担をかけずに呼気を用いてビタミンB12欠乏症を診断できる可能性が示されました。今回は、体内のビタミンB12量を正確に反映しているとは限らず、診断性能が疑問視されている血清ビタミンB12値との比較研究だったので、今後は血清メチルマロン酸のような正確な指標との比較により「息を吐けばビタミンB12欠乏症が調べられる」検査が作り出せるように研究を続けてゆきたいと思います。

ご指導いただいた先生方、ご協力いただいた皆様、誠にありがとうございました!
文責:佐々木 陽典

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大森病院 総合診療・急病センター

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)