医局News

初期研修医3名が熱い講義をしてくれました!

 医学教養6「複雑系科学」を担当して5年。今年が最後の講義になります。臨床医が複雑系科学の講義をすることに、基礎医学の先生に何となく後ろめたさを感じながらの5年でした。
15コマの講義の最後2コマは、試験と再試験の時間でしたが、試験はやめました。それより、大学の将来を担う研修医に講義を経験してもらうことにしました。
 9月6日は東京医科大学八王子医療センターの初期研修医 甲藤先生です。
甲藤先生は昨年に続き、2回目です。今回は「19番目のカルテ」を教えてくれました。
来年から総合診療医として活躍する甲藤先生、その意気込みを感じる講義でした。昨年も期せずして学生から拍手が湧きましたが、今回も拍手喝采でした。質問は途切れず、講義は大きく延長してしまいました。大森学園祭のモデル講義のタイトルは「19番目のカルテ」にしました。甲藤先生、ありがとうございました。
 翌週、13日は大森病院初期研修医3名の熱い講義です。総合診療を4ヶ月選択してくれた3名は学生への想いの詰まった講義をしてくれました。
トップバッターは森先生。川崎医大から大森病院に来てくれました。妹さんが手術室の看護師さんだと初めて知りました。「しくじり先生」だと話し、学生さんのハートを鷲掴みにしていました。
講義後の質問も森先生にたくさんいただきました。
2番手は高野先生です。
総論から各論へ、絶妙の流れで講義が展開されました。講義の最後には、学生へ大きなエールを送ってくれました。
最後は金先生です。歴史、哲学が好きだと話す金先生の講義、学生は静まり返って聞いてくれました。
次年度は大森病院を希望する学生さんが、過去最高を記録しています。今回講義をしていただいた先輩の背中をしっかり見てくれていると痛感し、嬉しく思いました。学生さん、先輩達はすごいですよ。
 学生の心に響く講義をありがとうございました。
文責:瓜田 純久

お問い合わせ先

東邦大学医療センター
大森病院 総合診療・急病センター

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)