救急医療にこそ求められる”全人的医療”を心がけています。

メディア掲載情報
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 総合診療・急病センター

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

第69回東邦医学会総会で、大学院生の河越尚幸先生、田中英樹先生が発表しました。

11月11日は河越尚幸先生が、1年間毎日動物センターに通って完遂した糖尿病モデルラットを用いた「糖尿病と認知症」について発表しました。座長の神経内科岩崎教授、佐倉病院糖尿病・内分泌内科 龍野教授から質問され、熱い議論が繰り広げられました。

12日は田中英樹先生が新たな数理モデルを用いて、逆流性食道炎の発症メカニズムを報告しました。大橋病院外科の片田教授から鋭い質問をいただきましたが、フロアでの討論で盛り上がっていました。呼吸器外科の伊豫田教授も物理学の演題だと、オリジナリティを絶賛してくれました。先生方、ご多忙中、東邦医学会に来ていただき、ありがとうございました。その熱い思いを胸に、医局員は勉強していきます。

東邦医学会は無料のタリーズコーヒー、軽食が出て、多くの先生方が参加していただけるようになりました。本日の夕方のセッションでも30名ほどの先生が参加し、議論は白熱していました。大橋病院や佐倉病院の先生方の参加がとても有難く、若手医師のモチベーションを大きく上げてくれました。ありがとうございます。

東邦医学会会長の外科島田英昭教授も積極的に質問し、大いに盛り上げていました。東邦医学会、皆で盛り上げましょう。

文責 瓜田純久