救急医療にこそ求められる”全人的医療”を心がけています。

メディア掲載情報
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 総合診療・急病センター

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

城戸秀倫先生、貴島祥先生が第147回東邦医学会例会で研究発表を行いました。

2月17日(水)・18日(木)に東邦大学臨床講堂で開催された第147回東邦医学会例会において、城戸秀倫先生、貴島祥先生が発表しました。

城戸秀倫先生は「認知症患者に対するMMSEとTDASの比較試験」と題し、認知症診断におけるタッチパネルTDASの有用性について、報告しました。認知症は総合診療において避けて通れない疾患です。コツコツとデータを積み上げた城戸先生の努力には脱帽です。


貴島祥先生は「三次元灌流培養系における13Cグルコース呼気試験を用いた癌細胞の糖代謝・動態評価」について、この1年間慈恵医大で行った研究成果を報告しました。東京大学農学部大学院を修了している貴島祥先生は、基礎実験は得意ですが、まったく新しい実験系に果敢に取り組んでくれました。実験の詳細は論文で報告しますが、総合診療科においても基礎実験ができることを広く知らしめてくれました。

総合診療は研究テーマの宝庫です。これから、さらに実験室を充実させていく決意です。

城戸秀倫先生、貴島祥先生の論文を楽しみにしています。

文責 瓜田純久