救急医療にこそ求められる”全人的医療”を心がけています。

メディア掲載情報
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 総合診療・急病センター

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

佐々木陽典先生が腎臓専門医試験に合格しました。

 助教の佐々木陽典先生が、日本腎臓学会認定腎臓専門医を取得しました。おめでとうございます。
 
 佐々木陽典先生は,平成18年3月に東邦大学医学部を首席で卒業し,同年6月より東邦大学大森病院にて研修を始め,2年後の平成20年4月より東邦大学総合診療・救急医学講座に入局してくれました。平成20年9月より,総合診療の本場である沖縄県立中部病院に出向し,全国から集まる多くの研修医とともに研鑽を積み,平成25年4月から沖縄県立八重山病院内科にお世話になりました.沖縄ではドクターヘリでの搬送など,離島ならではの救急医療,南国に多い感染症や風土病,そして循環器疾患,呼吸器疾患を中心に数多くの患者を診療し、さらに八重山病院では人工透析の医療を中心に,膠原病,感染症について学んできました.平成26年4月より,東邦大学医療センター大森病院に復帰しました.帰京後は早朝から学生に問診のレクチャーを行い,毎週木曜日は初期研修医に対してランチョンセミナーを開催し,積極的に教育活動に参加している.早朝の入院患者ラウンドから1日が始まり,研修医とのミーティング,外来診療,病棟回診と休憩する時間を惜しんで働き,夜は多くの時間をかけて論文作成に傾注しています.毎年5〜6編の英語論文を発表しており,臨床・研究・教育と非常にバランスのとれた総合診療を展開してくれています。

今回、サブスペシャリティである腎臓専門医を取得しました。総合診療科は専門診療科が迷ったときに、第2の道を提示することも大きな役目です。東邦大学総合診療・救急医学講座は積極的にサブスペシャリティ領域での専門医取得をバックアップして参ります。佐々木先生をロールモデルとして、多くの若手医師がトレーニングの場として、東邦大学総合診療・救急医学講座を活用していただければ幸いです。

文責 瓜田純久