救急医療にこそ求められる”全人的医療”を心がけています。

メディア掲載情報
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 総合診療・急病センター

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

JCHO湯河原病院に表敬訪問をしてきました。

7月20日(金)に東邦大学の教育連携病院であるJCHO湯河原病院に表敬訪問をしてきました。早朝の会議を終えて、品川駅から新幹線で熱海まで行き、そこから湯河原駅まで一駅です。
湯河原病院は横室浩樹先生が指導医として出向してくれています。昨年までは日毛先生、河越先生、渡辺先生、貴島先生と多くの医局員がお世話になりました。駅には事務部長が迎えにきてくれており、その後、湯河原病院を一望できるポイントに案内していただきました。
高台にある湯河原病院は、温泉地ならではの慢性疼痛治療の歴史があり、整形外科が中心の病院です。高齢者が多い為、並存する疾患は総合診療科が診療を担当させていただいています。

湯河原病院の後方の高台から見える駿河湾です。緑が海岸に迫り、生命力と豊かさを感じさせる風景です。

湯河原病院は2020年湯河原駅の近くに移転します。
内科専門医制度、総合診療専門医制度ともローテートを推奨しています。大学病院のような特定機能病院やブランド病院での研修は上げ膳据え膳になってしまいます。しかし、大多数の患者さんは、湯河原病院のように地域に根ざした歴史をもつ病院、診療所に通院しています。高齢化が進行する日本において、弱者に寄り添うことを重視するJCHOグループは、貴重な研修病院といえます。医師にとって、多様性を甘受するマインドを再認識する貴重な病院と考えています。同様に学び方は一様ではありません。患者さんの話をよく聴き、じっくり文献を読み込み、自分の思考回路を点検しながら前進する時間はとても貴重で、代え難いものです。
本学は卒業生のほとんどが開業医となってきた歴史があります。多くのことを患者さん、そして赴任した病院から教えていただき、そして学ぶほど謙虚になる校風を大事にしています。
高取院長、遠藤事務部長、今後ともご指導いただきたく、お願い申し上げます。

文責: 瓜田純久