救急医療にこそ求められる”全人的医療”を心がけています。

メディア掲載情報
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 総合診療・急病センター

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

第10回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会において、佐々木陽典先生が不整脈と胃運動の関連について発表しました。

 9月29日(土)横浜で開催された第10回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会において、佐々木陽典先生が「カテーテルアブレーション後に
増悪した機能性消化管障害の2例」と題して、不整脈と胃運動の関連について発表し、注目を浴びました。
 ホイヘンスの振り子時計のように、単振動をする物体が近くに存在する場合、互いに干渉し、同期することが知られています。不整脈とくに心房細動の症例においては、脳塞栓がもっとも注意しなければならない合併症ですが、アブレーション後に胃不全麻痺の合併症も散見されます。佐々木先生はアブレーション後に増悪した機能性消化管障害の症例を報告しました。会場では活発な議論が行われ、消化管運動と不整脈の関連で盛り上がりました。
 佐々木先生は評議員に推薦され、懇親会で会長の稲森教授(横浜市大)の指名で、挨拶をすることになりました。
 財裕明先生も一般演題の座長を務め、活発な議論をコーディネートしていました。瓜田純久も「消化管ガス増加で来院し呼気試験を行った210例の検討」を報告しました。膨満感を主訴に来院される過敏性腸症候群の患者さんは、消化管運動、腸内細菌ともに正常な方が、40%を占めることを報告しました。過敏性腸症候群の病態の複雑さを示唆する結果でした。
 器質的異常がなければ、「メンタル」として、十把一絡げで対応される傾向があり、研修医の頃からとても違和感を抱いておりました。メンタルとしても、なぜ腹部症状なのか?なぜ今発症したのか?素朴な疑問に対して答えを用意しなければなりません。議論は懇親会でさらに白熱してきました。

 中村光夫理事長をはじめ金松教授(創価大学)、松浦教授(慈恵医大)、下内教授(中部大学)など、多くの先生が最後まで参加してくれました。

 来年は弘前大学糖尿病・内分泌内科の柳町幸講師が会長を務めます。会場は東邦大学臨床講堂で行う予定です。来年は大学院生の鈴木健志先生が佐々木先生の指導で、皮膚ガス研究を発表します。来年も皆様とお会いできることを楽しみにしております。
 事務局の佐藤さん、留守を守ってくれた医局の先生方、ありがとうございました。

文責: 瓜田 純久