救急医療にこそ求められる”全人的医療”を心がけています。

メディア掲載情報
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 総合診療・急病センター

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

数学・物理愛好家集団「湧源クラブ」で講演しました。

12月16日(日)に数学・物理愛好家集団「湧源クラブ」で講演させていただきました。湧源クラブは「数理の翼」という数学愛好家の高校生・大学生の集団で、フィールズ賞受賞者など日本の高名な数学者が支援しています。数理の翼の研修会に参加した高校生が、大学生になってからも数学をキーワードに作った交流団体が湧源クラブです。その、関東支部冬の地方会で講演をする機会をいただきました。

当日は小雨のなか、呑み会含めて32名の会員が参加してくれました。臨床医学において、数学が意外に役立っていることを説明しました。東京大学理科1類の学生さんがもっとも多く参加していただきましたが、驚いたことに高校生6名、中学生1名が参加してくれました。多く質問を頂戴し、講演時間の2時間はあっという間に過ぎました。

生まれて初めてカーディガンで講演しました((@@;)。数学科の大学生が多かったのですが、たくさんの質問をいただきました。当初、講演会だけに参加する予定だった学生さんも、居酒屋での懇親会に大勢参加していただき、「数学と医学の距離がこんなに近いと思わなかった」とは数学科の理科1類のO君、「東大に入ってから聞いた講義でもっともエキサイティングでした」と話してくれたのは、理科3類のK君でした。「数学のジェネラリストになりたい!」と言ってくれたのは、お茶の水女子大学数学科のTさん。「全国大会で講演してほしい」とヨイショしてくれたN君、そして委員長の慶応大学物理学科Kさん、本当にお世話になりました。
終了してから隣駅の居酒屋とり八で打ち上げです。
いやはや、みんな食べる食べる\(◎o◎)/!
明るい農村のボトルを横目に、酒も進みました。


急遽、懇親会参加を決めてくれたK君、「総合診療医を目指す!」と宣言してくれました。幹事のN君、雨の中会場前で出迎えてくれてありがとうございました。

最年長47才、OBのYさん、楽しい酒をありがとうございます。

同じペースでビールを飲んでくれたO君。飲めないM君、石川遼くんにそっくりな高校1年K君、将来が楽しみです。

数学と愉快な仲間たち。とても楽しい時間を過ごしました。また呑みに行きましょう。

文責: 瓜田 純久