救急医療にこそ求められる”全人的医療”を心がけています。

メディア掲載情報
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 総合診療・急病センター

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

糖尿病専門医、内科専門医である竹本育聖先生の論文がActa Diabetologicaに掲載されました。

暮れも押し迫った12月29日に糖尿病専門医かつ総合内科専門医である竹本育聖先生の論文がActa Diabetologicaにonline publishされました。

https://doi.org/10.1007/s00592-018-1276-y


竹本先生は埼玉医科大学を卒業し、東邦大学医療センター大森病院で初期研修を行い、その後、総合診療科に入局してくれました。合併症の多い糖尿病患者に対して、血糖コントロールから合併症治療まで行うことができる医師を目標に掲げていました。3年間の後期研修を総合診療科で行い、内科学会認定医を取得後に蒲田総合病院 糖尿病内科で3年間の研鑽を積み、糖尿病専門医を取得しました。その後、東邦大学医療センター大森病院 総合診療科の助教として、臨床・教育・研究に意欲的に取り組んでいます。その間、臨床データをコツコツと積み重ね、今回の論文発表に繋がりました。昨年のインパクトファクター3.12と一流誌に掲載された論文は、竹本先生が総合診療科でゼロから築き上げた糖尿病診療の結果です。パイオニアとして、頑張ってくれました。

グルコースはエネルギーの最小単位と考えがちですが、構成炭素の運命は異なっており、それを利用して糖尿病の病態を掘り下げた論文です。なんと、reviseなしてacceptされました。3種の呼気試験を組み合わせた診断は、東邦大学のオリジナルであり、その点が評価されたようです。

竹本先生の外来は糖尿病だけでなく、多彩な疾患をもつ患者さんで溢れています。これからも、患者さんからいただいた貴重なデータを大事に大事に解釈し、多くの論文を書いて、臨床に還元していきましょう。

竹本先生、本当にお疲れ様です。また、頑張りましょう!

文責: 瓜田 純久