救急医療にこそ求められる”全人的医療”を心がけています。

メディア掲載情報
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 総合診療・急病センター

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

General Medicine 2019 漢方ベースキャンプ in 東京 を開催しました。

1月31日(木)第2回General Medicine 2019 漢方ベースキャンプ in 東京をお茶の水で開催しました。この企画は、順天堂大学、日本医科大学、東京医科歯科大学、東邦大学の総合診療科が中心となり、総合診療において大きな武器となる漢方治療についてのレベルアップを目的とした企画です。

Work upしても「異常ないから、心療内科へ行ってください」というフレーズは専門診療科の臨床現場でしばしば聴かれる会話です。しかし、本当にメンタル系診療科での治療が必要な方とは限りません。紹介されたメンタルの先生も対応に苦慮する場合が少なくありません。そんなとき、漢方診療が大きな福音となる場合があり、総合診療医にとって、是非とも身につけたいスキルです。


九州大学総合診療科の貝沼先生の講演は、明日の診療に役立つ実践的な内容で、漢方知識がほとんどゼロの我々にも理解しやすい内容でした。医学部学生、研修医の先生も多く参加してくれて、活発な質疑が行われました。


1月31日はローテート最終週でもあり、参加してくれた4名の研修医とお茶の水の沖縄料理で打ち上げをしました。12月—1月とインフルエンザが蔓延する外来で、4名とも元気に働いてくれました。救急車受け入れも決して断ることがない総合診療科では、病棟も常時50名以上の入院があり、重症患者も多くなります。3チームに分かれて研修医たちは必死に診療し、多くの患者さんから信頼を得て、指導医たちは舌を巻いていました。本当にお疲れさまでした。この2ヶ月の研修は、初期研修の中でももっとも濃密なものだと思います。鈴木先生、三浦先生、清水先生、井上先生、あっぱれ!

文責: 瓜田 純久