救急医療にこそ求められる”全人的医療”を心がけています。

メディア掲載情報
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 総合診療・急病センター

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

NHK Eテレ チョイス@病気になった時「血尿」の収録に行ってまいりました。

9/16にNHK Eテレ チョイス@病気になった時「血尿」の収録に行ってまいりました。

今回は佐賀で開かれた第19回日本病院総合診療医学会の翌日の収録となり、準備が思うように進まず、ディレクターやお世話になった先生方にもご迷惑をおかけしてしまいましたが、皆様のおかげでなんとか無事に収録を終えました。

今回で「チョイス@病気になった時」に出演させていただくのは3回目になりますが、やはりとても緊張しました。そんな中、お互いの子供の話で場を和ませてくれたアナウンサーの出田さんをはじめ、出演者の八嶋さん、大和田さん、スタッフの皆様にやさしく声をかけていただいたおかげで緊張がほぐれました。

回を重ねるたびにテレビ局の制作スタッフの優秀さというものを実感致します。「これを読んで勉強してきました。」と言われて最新の診療指針を持ってこられた時にはドキッとしました。

番組の制作スタッフからは総合診療で話題となっているHigh-value careやChoosing wiselyに繋がるような鋭いご指摘・ご質問をいただき、とても有意義なお話させていただくことができました。

インターネットの普及などもあり、知るための努力をすれば誰でも様々な情報に触れることができる現代においては、情報や知識の非対称性に胡座をかいて専門性を維持するのではなく、積極的に患者さんやメディアに対して情報・知識非対称性(偏り)を是正して「患者と医療者の共同意思決定 (shared decision-making)」のための正しい情報を発信してゆくことが医師、特に総合診療医の務めではないかと改めて感じた1日でした。

今回のテーマは血尿ということで不勉強な分野も含まれていましたので、泌尿器科の中島教授にご丁寧にご指導いただきながら準備を進めました。
相変わらず拙い説明ではありますが、10月12日 午後8:00から放送予定ですので、ぜひご笑覧ください。

https://www4.nhk.or.jp/kenko-choice/x/2019-10-12/31/66333/1722248/

文責: 佐々木 陽典