救急医療にこそ求められる”全人的医療”を心がけています。

メディア掲載情報
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 総合診療・急病センター

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

第11回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会を大森病院で開催しました。

10月25日(金)26日(土)に第11回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会を大森病院臨床講堂で開催ました。
第11回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会

本学会は1985年に設立された13C研究会と呼気病態生化学研究会が合流して発足し、11年目を迎えた学会です。34年の歴史があり、非侵襲的な医療の確立を目指して、多くの先生が参加してくれております。会員数170名のコンパクトな学会ですが、それだけにこの学会以外では遭遇することがないようなコアな発表が多く、活発な討論が行われます。
第11回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会

今回は弘前大学医学部附属病院 内分泌内科・糖尿病代謝内科 講師の柳町幸先生が会長を務めてくださいました。弘前大学のスタッフが大勢大森病院に参集し、円滑な進行でした。
第11回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会

安定同位体の報告は年々増えて行きますが、13Cの論文は伸び悩んでいます。東邦大学総合診療科は毎年13C関連論文を発表したしていますが、さらにアクセルを踏み込みたいと思います。
第11回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会

次回会長の松山大学薬学部 明楽一巳教授が特別講演をされ、薬物合成とその応用について、熱くお話しました。
活発な議論は懇親会へと続きました。
第11回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会
中村光男理事長からも、大変有意義な学会であったと、労いのお言葉をいただきました。

第11回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会

スタッフの皆さん、本当にご苦労様でした。前日の役員懇親会では、弘前大学の学生さんが貴重な日本酒を実家の酒蔵から提供していただきました。とても美味しくいただきました。ありがとうございます。
第11回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会

前回、大会長である横浜市大教授の稲森先生も、最後までご参加いただき、ありがとうございました。医学教育など、多くの意見交換ができました。
第11回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会

二次会は梅屋敷の食彩工房さんです。急な大勢で押しかけたのに、美味しい料理をたくさん出してくれました。ありがとうございます。
第11回日本安定同位体・生体ガス医学応用学会

会長の柳町先生は、重責から解放され、ホッとした表情です。本当にお疲れ様でした。素晴らしい学会をありがとうございました。

次回は愛媛県松山市で開催されます。
また、みんなで参加して、勉強したいと思います。

事務局の佐藤さん、ありがとうございました。

文責: 瓜田 純久