救急医療にこそ求められる”全人的医療”を心がけています。

メディア掲載情報
関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 総合診療・急病センター

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

World Journal of Clinical Casesに単純性虫垂炎と複雑性虫垂炎の臨床的鑑別に関する論文が掲載されました!

以前に急性虫垂炎と右半結腸憩室炎の臨床的鑑別点に関する論文を掲載してもらったWorld Journal of Clinical Casesに、同研究データを利用した単純性虫垂炎と複雑性虫垂炎の臨床的鑑別に関するPost hoc analysis的な論文が掲載されました!

単変量比較では、CT・超音波所見で複雑性虫垂炎(穿孔・膿瘍形成・壊疽性虫垂炎)と診断された症例では年齢中央値(34歳 vs 49歳)、発症—受診間隔(日)、心拍数、体温、血清CRP値が有意に高く、糸球体濾過率(腎機能)、血清Na値が有意に低いという結果でした。
これらの要因を説明変数としたロジスティック回帰では、CRPが唯一有意に高いオッズ比を示し、CRP値が高いほど複雑性虫垂炎に至っている可能性が高くなる、という結果でした。

個人的には
1) 以前に私が臨床研究デザインを初めて勉強させていただいたi-HOPEの福原俊一先生が「コホートは一粒で何度も美味しい」とおっしゃっていたのが印象的で、いつか一つのデータセットを利用して2つ以上の論文を書いてみたいと思っていたので、それが実現できたこと

2) Editorial officeから"We are happy to tell you that this paper will be given priority for publishing, with all publishing fees waived."とのことで掲載料が全額免除になったこと

が嬉しかったです!(2についてはきっと教授と秘書さんが私より嬉しかったはず…)

https://www.wjgnet.com/2307-8960/full/v8/i11/2127.htm

World Journal of Clinical Casesに単純性虫垂炎と複雑性虫垂炎の臨床的鑑別に関する論文が掲載されました!

文責: 佐々木 陽典