チーム医療の一員として医療・教育・研究に取り組む
東邦大学医療センター大森病院 薬剤部 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 薬剤部

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

薬務室

病院で使用している医薬品を購入・管理し、各部署へ供給を行っています。院内の医薬品が円滑かつ安全に使用されるように、在庫管理(適正な在庫数、使用期限、温度管理、不動在庫のチェックなど)を行っています。また、病院で使用される麻薬、向精神薬、劇薬、毒薬、血液製剤(血液を原料とする医薬品)など法律で規制のある医薬品の管理をしています。

医薬品の購入・在庫・保管管理

当院では,内服・外用・注射薬を合わせ約2,000種類の薬剤を、在庫管理システムを用いて効率的に使用動向の把握・購入管理を行っています。院内の医薬品が円滑かつ安全に使用されるように、在庫管理(適正な在庫数、使用期限、温度管理、不動在庫のチェックなど)を行っています。また院内の購入薬申請の受付や、薬事委員会に関する資料作成も行っています。

医薬品の供給

院内各部署からの請求に応じて、定数配置薬剤や個人に処方された薬剤を払い出しています。定数配置薬剤は、定期的に管理状況の確認や指導を行っています。また注射製剤室とともに、入院患者さんに処方された注射の個人セットも行っています。

特殊な管理を必要とする薬剤の管理

法律で規制のある医薬品(医療用麻薬、医薬品覚醒剤原料、向精神薬、劇薬、毒薬など)を、適切に保管・管理しています。特定生物由来製品(輸血用血液製剤,血漿分画製剤等)は管理簿を作成し、施用の記録・保管(少なくとも20年間)を行っています。