チーム医療の一員として医療・教育・研究に取り組む
東邦大学医療センター大森病院 薬剤部 関連リンク

【お問い合わせ先】

東邦大学医療センター
大森病院 薬剤部

〒143-8541
東京都大田区大森西6-11-1
TEL:03-3762-4151(代表)

業務内容

 
近年、医療の質の向上および医療安全の確保の点から、チーム医療において薬剤の専門家である薬剤師が主体的に薬物療法に参加することが求められています。薬剤部では医薬品の適正使用の観点よりさまざまな角度からこれを推進しています。

1.薬剤管理指導業務(入院患者の服薬指導と薬歴管理)・病棟薬剤業務実施加算

全ての病棟(NICU・ICU 含む)に薬剤師を配置し、入院患者の服薬指導、持参薬の確認、副作用の把握、有効性の確認および薬剤適正使用を確認するとともに、医療スタッフへの情報提供を行っています。

2.注射薬の無菌調製と注射処方せんに基づく注射薬の個人セット

注射薬の無菌調製は抗がん剤100%実施、その他IVH 輸液などを実施しています。抗がん剤は、レジメンに基づいた処方内容・薬用量のチェックにより、安全で効果的な薬剤の提供を行っています。また、注射薬の個人別セットでは薬用量、配合変化、投与速度などのチェックも行っています。

3.処方せん調剤と院外薬局からの問い合わせ

外来処方せんの約94% は院外処方であり、調剤の殆どは入院処方せん調剤となります。特にハイリスク薬の調剤にあたっては、必要に応じ電子カルテによる薬歴確認など細心の注意を払っています。また、院外処方せんに対する保険薬局からの疑義照会には夜間も対応しています。

4.医薬品情報の収集・評価・管理と情報の提供

医薬品に関する情報の収集、評価を行い、医療スタッフに最新の情報を提供しています。また、安全使用に際して更なる周知が必要と判断した場合は、担当医師に直接注意喚起を行っています。その他、院内外からの問い合わせに対応しています。

5.TDM(薬物血中濃度の測定・解析)と処方設計

薬物血中濃度および薬物中毒などの原因物質の分析を行い、その情報を医師や病棟薬剤師に還元することにより、より安全かつ最適な医薬品の適正使用に役立てています。

6.手術室専任薬剤師による業務

薬剤師が手術室で術後持続鎮痛薬(硬膜外・経静脈)の調製を行うことにより、術中の麻酔科医の業務軽減と安全性の向上をはかっています。術後には、麻酔科医、看護師と共にチームでラウンドし、疼痛コントロールをはかっています。また、麻薬などの要管理薬の施用後の記録と残薬確認により、薬剤の適正使用に寄与しています。

7.チ-ム医療

医療安全対策、抗菌薬適正使用、感染防止対策、緩和ケア、栄養サポート、外来化学療法、周術期外来、入退院支援センターに専任薬剤師を配置し、チーム医療に積極的に取り組んでいます。外来化学療法ではレジメン管理、患者指導、副作用モニタリングに加え、がん薬物療法の安全性を地域全体で高める取り組み(薬薬連携)を行っています。

8.薬学6 年生教育における実務実習

長期実務実習(1 期11 週)は、学生に薬剤師の基本的資質と実践的な能力を身につけて戴くものです。病棟業務を中心に、チーム医療にも参加・見学を行っています。当院では年間約70名の学生を受け入れ、薬学部教員とともに部員一丸となって本実習に取り組んでいます。